2005年06月25日

美人の日本語

再び、お勧め本のご紹介です。

book_02.jpgすでに話題となっている書籍ですので、ご案内するまでもないのですが、、。幻冬舎出版『美人の日本語』を購入。思わず書に認めてみたくなる美しい日本語の数々が、墨場必携としても魅力的な一冊です。

4月1日に始まり、一日一語、一文字から四文字程度の短い言葉に、著者山下景子さんの解説がひとつひとつの言葉を優しく彩っております。透明感を感じる装丁と編集。手元に置き、日々頁を捲りつつこゝろの栄養としたひモノです。

因みに当方の誕生日の言葉は何?と、思わず引いてみますと、「のの様」でした:笑

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップご協力感謝デス。
posted by ろゆふ at 10:34| Comment(6) | TrackBack(0) | お勧め墨場必携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名僧のことば 禅語1000

皆様、おはやふ御座ゐます。昨日の真夏日に引き続き、けふもウダりさふな一日となりさふ。何卒御自愛下さひ。

book_01.jpg書道を学ばれている方々にとって、日頃から作品の題材とする詩文探しに余念がないことではないかと思います。墨場必携という、「書」を書く時の名言名句を集めた書籍を利用されたり、詩集等を求めたり・・、当方も巷の書店等に足を運びますと、ついついあれもこれもと買い占めてしまうこと多々アリです。

さて、先日、日頃買い出しに利用させて頂いております、書道用品店『キョー和』さんの書籍コーナーにて、新刊を購入。天来書院さんより発行の『名僧のことば 禅語1000』です。禅語の書籍は数々出版されておりますが、この本は1字から順に、原文、読み方、解説が非常に簡潔に編集されております。文字のサイズが大きいので、撰文もしやすく、手引きとしても使いやすくなっております。

また、誤解の解釈を払拭する内容となっております。例えば、一例として挙げられている「喫茶去」。漢語としての動詞(喫茶)+「去」(〜しに行け)ということから、「茶を飲みに行け」と問答を打ち切る断乎たる宣言、相手の機が未だ熟さぬと見て出直しを促す言葉と説明されております。「お茶でもどうぞ」と優しく促す言葉ではなかったのですね、、

目から鱗、、の言葉、満載です。

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップご協力感謝デス。
posted by ろゆふ at 09:36| Comment(10) | TrackBack(0) | お勧め墨場必携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。