2005年07月31日

手書きで手紙を書く 簡単な御礼状

御晩で御座居ます。曜日感覚無しろゆふ(う)です。
人気blogランキング参加致しております。一日一回クリツクにて、当書道ブログへの暑中激励(?)を何卒宜しく御願い致します。

文月晦日に御座居ます。月が変わる頃になると、そろそろ新作ヲ、、と思ふのですが、けふは第弐弾年賀状賀詞書き続行中にて、気分は蛍の光で御座居ました。最近、蛍を見かけてオリマセヌ。

一通、御礼状書きが遅れていたコトを思い出し、簡略乍ら、認めました。目上の方ではありますが、お付き合いは長い方。変に文面をよそよそしくすると、何事かツと反ってご心配されるといけませんので、ほどほどの言葉遣いでまとめてみました。

先日、購入した手紙関連の本で、手紙の書き出しに「ひと筆申し上げます」との起首語がありました。女性が手紙を認める際にお勧めとのこと。「一筆」が一般的とのことですが、「ひと筆」とひらがなのほうが柔らかい印象、との付記に同意し、最近遣うやふにしております。

ごくごく標準的な書体で、読みやすいコトを念頭に。太めの筆で書きましたので、文字が大きひ。手紙としては、何の変哲もないですねイ。もう少し工夫すべきであったかと、書いてしまってから、少々反省。

IMG_5591.jpg

最近、書店へ出向くとほぼ必ずや書籍や雑誌を買い込んできております。が、未だ目を通していない本がわんさかとなっております。大量蔵書可能な書棚が欲しいモノ。八月は出来る限り、夏休みと称して読書月間と致したく、、、目論んでオリマス。

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンを一日一回クリック投票御願い致します。

58e7bd1f.gif有難ふ御座居ます!

2005年07月25日

玉章【たまずさ】

御晩です。ろゆふ(う)です。颱風接近が気になるところですが、皆様如何御過ごしでせう。
人気blogランキング参加中! 一日一回クリツクにて当書道ブログヘのご声援何卒宜しく御願い致します。

posca_09.jpg

本日すでに二十五日にて、追い掛け話題となってしまいましたが、何卒御容赦下さいませ。毎月二十三日は「ふみの日」ですが、七月の旧称が文月であることから、特に「七月ふみの日」として呼ばれております。

「玉章」たまずさ

手紙の意の稚語的表現を云います。先日紹介致しました『美人の日本語』によりますと、もとは「玉梓」と云われていたそうです。手紙を携えた使者が梓の杖を持っていたことから、使者を指す言葉となり、やがて相手からのふみを敬った言葉として「玉梓」が「玉章」と変化したやふです。

手書き乃ふみ推進倶楽部として、やはりこの「玉章」は、一文字一文字手の温もりを込めたものを大切にしていきたいと思ふのです。手間の掛かることではありますが、書き手の気持ちが素直に伝わってくる「直筆」は言葉以上のものを伝えるものでもあります。ひらがなひとつとってみても、ひとりひとり違った表情を魅せる文字は大変楽しいもので、形の善し悪しはあまり問題ではなく、ひとりひとりの個性が表現されることが大切ではないかと思います。

たまの気分転換に、葉書に色鉛筆でも、カラーペンでもなんでもご自由に、ご友人、ご両親、はたまた自分自身にでも、めっせーぢを書いてみては如何でせう。

手紙は相手へ届くまで、また返信を受け取るまで、時間の掛かるものではありますが、郵便屋さんがこないか、ポストに入っていないかと待ちわびるのも、また楽しいモノです。当方のやふに、毎度返信が遅くなりがち、というのは決してお勧めはできませぬが、、、。

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンを一日一回クリック投票御願い致します。

58e7bd1f.gif有難ふ御座居ます!

2005年07月10日

手書きで手紙を書く 巻紙其ノ壱


IMG_5345.jpg

おはやふ御座ゐます。ろゆふ(う)です:笑
人気blogランキング参加中! けふの当書道ブログの動向をご確認下さいませ。

七月十日、納豆の日であります。納豆の故郷、茨城は水戸に産声を上げた当方としましては、此の日に敬意を称し升。是からの暑い夏に納豆で寝婆コク参りませう。

サテ、けふの本題は手書き乃ふみ倶楽部です。

先日、頂戴したお便りへの御礼の手紙がすっかり遅れておりまして、お詫びがてら、少々長めの手紙を認めてみました。筆で書く際に重宝するのが「巻紙」。これはわざわざ「巻紙」を購入せずとも工夫次第で大丈夫です。

巻紙の場合、長さは自由。同じ幅のものを貼り合わせていけば、好きなだけ文章を書き続けることができます。そんなに書くことはなひーという場合は途中でカットしてしまえば好い、という、実はかなりのご都合主義に対応する素材であります。

当方の場合、仕事に使用する薄い楮和紙をまとめて購入しておりますので、それを適当な幅にカットして用いておりますが、素材にこだわらず、様々な色紙を貼り合わせてつくっても面白いモノが出来ると思います。

今回は無地の和紙に部分的に軽く着色し、濃いめにした青墨で書き上げました。

K氏、御返事が大変に遅くなりまして、申し訳ナイデス。本日投函致し升、、

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンを一日一回クリックして下さい。

58e7bd1f.gifけふの御声援の一押シ、宜しく御願い致し升

posted by ろゆふ at 09:25| Comment(10) | TrackBack(6) | 手書き乃ふみ推進倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

手書きの手紙を書く 暑中見舞い其ノ参


008.jpg

皆様、おはやふ御座ゐます。七夕の今朝の御空はちょいと不安定。年に一度の逢瀬や如何に。
人気blogランキング参加中! 当書道ブログのけふの動向をご確認下さいませ。

七夕の節句である本日、小暑でもあります。

【小暑】
二十四節気の一つで、梅雨明けが近づき、本格的な暑さが始まる頃。
天文学的には、太陽が天球上の黄経105度の点を通過する時。
小暑あるいは大暑から立秋までの間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。小暑の終わりごろに夏の土用に入る。蓮の花が咲き始める頃である。また、梅雨明け前の集中豪雨が多く発生する時期でもある。

サテ、暑中見舞いの時期となりました。
もともとは暑い最中の相手の健康を気遣う手紙で、夏の近況報告も含む意味合いがあるさふ。

筆を寝かせて横引きにし、ポストカードと封筒にお揃い感覚で色彩を入れてみました。切手の貼付位置にも、着色。色はあまり入れ過ぎないのが、ポイントでアリマス。
009.jpg

暑中見舞いの挨拶に簡単な文面を入れたバーヂョン。裏面は無地なので、住所を書き入れそのまま投函、五十圓ナリ。

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifけふの励みの一押シ、宜しく御願い致し升
posted by ろゆふ at 08:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 手書き乃ふみ推進倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

手書きの手紙を書く 暑中見舞い其ノ弐

皆様、お寛ぎノ日曜、如何御過ごしでせうか。
人気blogランキング参加中! 当書道ブログの、けふの動向をご確認下さいませ。

サテ、昨日の「涼」は画仙紙のミニ団扇を用いましたが、今回は本画仙紙(中国でつくられた画仙紙)が使われている団扇を使ってみました。

IMG_5292.jpg

画仙紙(日本や台湾でつくられたもの)に比べて、本画仙紙は墨の滲み具合がほんわりと綺麗に広がりますので、青墨で認めてみました。寫眞は「蛍」に裏面に一言。裏面もシンプルに、「お暑ふ御座居升」と印のみで納めてみました。「蛍」の表情が、、、なんやらひねてしまいました:笑。暑中見舞い文は、別紙へ認め同封しやふかと思います。

団扇の表面に書いてみたい夏の言葉、、当方は俳句歳時記等からヒントを得ています。
「空」「雲」「夕凪」「天の川」「風」「滴」「綺羅」「海」等等。

ミニ団扇、五つしか購入して参りませんでしたので、、、また購入して参ります、、、

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップにご協力御願い致し升
posted by ろゆふ at 11:42| Comment(13) | TrackBack(1) | 手書き乃ふみ推進倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

手書きの手紙を書く 暑中見舞い其ノ壱

皆様、お暑ふ御座ゐます。
けふも人気blogランキング参加中! 当書道ブログは何処、ご確認下さひ。

レンタル先シーサーのメンテナンスも無事終了、少しは改善されたのか、んー、よく分かりませぬ。

サテ、そろそろ暑中見舞いの季節となって参りました。

手書き乃ふみ倶楽部としましては、この機を逃すワケには参りませぬ。先日、八十円切手でお届けできる、封筒付きのミニレター団扇(画仙紙)を購入致しました。今回は表面に彩色をした上に「涼」の文字を認めてみました。

IMG_5277.jpg

「暑中見舞い」は梅雨が明けて、七月七日頃の小暑から、八月八日頃の立秋まで、それ以降は「残暑見舞い」となります。

このミニ団扇の場合、裏面に一言御挨拶文か、別紙に近況等を報告し、同封しやふか、と思ふております。裏面はまた次回につづく。

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップにご協力御願い致し升

posted by ろゆふ at 17:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 手書き乃ふみ推進倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

手書きの手紙を書く 連載其ノ壱

「手書き乃ふみ推進倶楽部」を発足致します。

この倶楽部が掲げるコトは下記の通りデス。

其の一「月一回を目標に、手書きで手紙を友人や両親に手紙を書く」
其の二「文字は上手に書く必要なし」
其の三「自分の個性を表現した手紙を書く」
其の四「こゝろを込めて書く」
其の五「宛名も手書き、郵便屋さんが読める範囲であれば、達筆である必要なし」

無地葉書でも色彩を入れる等工夫次第でオリジナルの手紙が作れると思います。文字はご自身の持ち味を存分に出した、自分の文字であることが大事。達筆であることはそれはまた素敵なことですが、此の倶楽部はどちらかと云えば字は上手ではないほうが面白いかも。少々フォームの崩れている文字のほうが、絵のやふな魅力的な手紙になるのではないかと思っております。要はこゝろ。

簡単でちょっとした工夫で愉しくなる書き方を少しずつ御案内して参りますねイ。稚拙ではありますが、何卒御容赦ヲ。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>クリツク御願いシマス、御蔭様で驚きのランクイン!
posted by ろゆふ at 21:36| Comment(16) | TrackBack(3) | 手書き乃ふみ推進倶楽部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。