2005年06月29日

文房四宝、何を選ぶか。


IMG_5219.jpg

先日、文房四宝について、どう選べばよいかという記事のトラックバックを戴きました。
この話題は、当方にとっても、大きな課題。書に限らず、モノを創る方々にとっての道具選びは、自分の臨む創作を形にする為にも、試行錯誤し乍ら、会得しているのではないかと思います。

道具に関しての、目利きの問題等はやはり経験を積まねばならないのでせう。
当方が書道を始めたばかりの時、柔らかい羊毛の筆はすぐには使いこなせず、持っていても、宝の持ち腐れと思っていたこともあります。
馬毛の混じっている兼毫筆のほうが楽だから、と羊毛筆から逃げ腰になっていた時期もありましたが、運筆の経験を積むうちに、今では柔軟な線が創りやすいから、手放せない、、となるワケです。

また、その羊毛筆の中でも、毛の長さで千差万別。毛の質や、長さによって、また、淡墨を用いるか、濃墨を用いるかによって、その作品づくりに合う筆は全く異なってきます。この条件にはこの筆で、紙を変えてみるとこうなる、、等と自分なりに開拓していく、これも、創作の醍醐味なのではないかと思います。使い古した小筆をわざと潰して使ってみたりすることもありますが、是も意外と面白い。

計算上ではこうなる、、と思っていても、実際にはそうは問屋が卸さなかったと云うコトもあるでせうし、意外な道具を用いてみて、偶然にも面白い表現が生まれる、、ということもあるでせう。

同じ筆、同じ紙を使っても、何故か出来上がった状態の墨色が全く違うということは、よくよくあることです。他の方が使ったら、またまたさらに新しい墨色が表現されるのでせう。

実際に自分の懐から絞り出して、色々と使ってみて、覚えて行くものなのかな、、と思います。必ずしも、価格のするもの、質の好いものでないとされなりの作品が生まれない、と云うワケではないと思います。ただ、やはり経験を多く積まれた職人さんの腕による良質の道具を使うことにより、物を大切にし、道具を自分の身体の一部となるまで書き込むことを覚え、自分ならではの作品が生まれることが多いのではないかと思います。

因みに、先日、かなりの書歴をお持ちの先生が、選ぶ上で重要視するのは紙、墨、筆、硯の順かなと仰っておりました。

惚れ込める道具に出逢えるというのも、作家としての力量に繋がるのではないかと、、時に思います。何が佳いのか、自分の力を引き出せる道具か、と見極める力とでも云いますか、、

当方も、そうなりたいのですが、現実はなかなか難しひ、、のであり升:笑

人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップご協力感謝デス。

posted by ろゆふ at 00:41| Comment(13) | TrackBack(4) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

紙閑話 其ノ壱

皆様、大変にお暑う御座います。梅雨はいずこ、連日の暑さと湿気に茹だり気味の日々では御座いますが、なんとぞ御自愛下さひ。

サテ、今回より数回に分けまして、文房四宝の筆墨硯紙より「紙」について、少々綴って参りたいと思います。併し、本来の「紙」についての蘊蓄に至るまで、非常に前置きの長い御話となります。切り出しとしましては当方が海外ワークショップを開催するに当たって直面したことも含めまして、かなり「ワタクシ」事による、紙についての経験談と申しますか、、お気楽に読み流して戴ければと存じます。

お仏蘭西での書道ワークショップ開催の際に一番頭を悩ませたことは、「紙」でした。

最初のワークショップの話しが持ち上がった際には、現地に在住されていた日本人の方からの協力もあり、初心者でも使えそうな筆を数本入手。そして墨液は当方が所持していたものが、適度にありましたので、取り敢えず問題無し。が、紙は書作品制作に普段使用している、本画仙紙が一反程あるだけでしたので、これをワークショップに使用するワケには参りませんでした。

では、お仏蘭西の田舎街で「半紙」が手に入るかといったら、勿論皆無。今では、アジア文化にかなり興味を持つやふになってきましたので、田舎の街でも時に文房具店等で書道用の筆(併し、すぐに毛が抜けてしまう安価もの)を見かけることもあるのですが、「半紙」は流石に無シ。

「和紙」を見かけたことがある、と云われて行ってみても、非常に厚い楮紙で、全紙くらいの大きさで一枚当たりが千円以上の値段。値段は輸入ものですから、仕方ないとして、初めて筆を持つ方が使用する紙の種ではありません。

たまたま、パリまで車で行かれる方に御願いし同乗して、日本文化に関する用品店に行きましたところ、半紙、あるにはあったですが、当たり前乍ら、日本で購入する価格の三倍はして、在庫も少ない。安価なものとして、唐紙の条幅程度の大きさのものが束となっており、それを使用することとしました。

唐紙とは、竹の繊維を原料としたもので、墨を入れても滲まず、墨と筆という未知の世界を挑戦されるお仏蘭西の方々には適切なものであったやふです。

次回は書道に多く用いる紙の種類についても絡めつつ、綴って参りたいと思います。


人気blogランキング参加中!
この↓アイコンをクリックして下さい。

58e7bd1f.gifランクアップご協力感謝デス。
posted by ろゆふ at 11:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

墨閑話 其乃陸


IMG_4915.jpg

前日に硯で磨った墨を、墨池に移し一晩寝かせた墨磨液を使ふ。


サテ、取り敢えず墨の最終章に御座ゐます。

墨色、滲みの加減は、摩訶不思議な世界。同時に磨った墨磨液を用いて、同じ種類の紙に書いても、墨色が変わるのです。墨磨液の中の粒子の大きさにもよりますし、書く際の筆圧加減の違いからも微妙に墨の発色が変わります。

墨は力を入れて磨ると粒子が粗くなります。
ゆっくり力を入れ過ぎずに磨った場合は粒子は細かくなり、書いた際には明るい色調となりますが、筆跡と滲みの差が少なくなります。

反面、力を多少入れて粗く磨ると色調は暗くなりますが、筆跡と滲みの差がはっきりとしやすくなります。因みに寫眞は粗めに磨った墨磨液デス。

これはあくまでも、膠粘度の落ち着いた、製造から数年経った墨を利用した上で、その効果を発揮しやすいものであります。

硯の鋒鋩の強さによっても、粒子が細かくなるか、粗くなるかは異なって参ります。硯によって、磨る人によって墨の色調を調整できるのは、固形墨ならではの魅力なのでせう。

磨る際に広がる墨の香りを楽しみつつ、作品をイメーヂするのも、なかなかにオツでせう。

かつて、学校にて使った硯、墨でも残っておりましたら、どんな墨色になるだろーと想像し乍ら、楽しんで磨ってみて下さいまし。落ち着き升。特に寝る前、睡眠剤としての相乗効果。磨って水に濡れた部分は必ず水分を拭き取りませう。


次回は文房四宝の次なる話題へと移り升。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>一回、押シテクダサヒ。
posted by ろゆふ at 01:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

墨閑話 其乃伍

濃墨、淡墨。

書をする方々が何かとよく使う言葉であります。書に普段馴染みのない方々にとっては、墨色が濃いか淡いかという程度にしか把握しきれない言葉ではないでせうか。

お仏蘭西の方々に作品を御高覧頂いた際に、「淡墨」の作品を不思議がっておりました。淡墨作品は濃墨作品の滲みとは、少し趣きが異なります。筆跡の芯の部分とその周辺の滲みの墨色が異なり、立体的な文字となるのです。

お仏蘭西の方で滲みの部分を、後から塗ったのかと詰め寄った方もおります。

かなり奇抜な発想ダと、反ってコチラも吃驚。

コノ筆跡と滲みの輪郭が美しく表現できる墨と云ふものは、まさにマジックではないかと常々思ふのであります。確かに初めて見る淡墨で書かれた文字を見て(彼らにとっては繪のひとつでせうが)、驚くのも無理はないコトでせう。

さて、美しい淡墨を得るための墨の磨り方とは、如何にすべきなのでせう。

是は、恐らくどの墨を使っているか、どの硯を使っているか、はたまた、様々な条件下のもとで異なってくることでせうから、必ずしもこうしなければよりよい淡墨は得られない、と云ふわけではないでせう。

よく云われるコトですが、まづ、かなり濃いめにトロトロになるくらい墨を磨り、其れを薄めて使用すると、筆跡と滲みの立体感が出やすいやふです。当方も同様にしてオリマス。

膠分が適切となった良質の墨を使用できれば、この最適な淡墨は作りやすいのでせうが、この最適な条件を持っている墨はやはりある程度高価なのですねイ。

当方はものによっては、磨った墨を数日寝かせることが多いです。是によって、膠の力が弱くなり、滲みが拡がりやすくなり、筆跡の輪郭がくっきり表れやすくなります。いわゆる宿墨と云ふことになります。墨を磨った瞬間から、膠の力は弱くなり、煤の凝集が始まるのです。但し、墨の持つ寿命を水の中で終わらせ、かえって墨色を濁らせてしまうこともありますので、墨は磨ったらすぐに使用すべき、とする場合もあります。

この淡墨の発色も、使用する紙、更に湿度等にも影響します。おまけに同じ墨磨液を使用しても、運筆によって、墨の発色が異なるのですねイ。コレと云ふマニュアルがないのが、墨の世界なのかもしれませぬ。摩訶不思議な墨の神秘でせうなー。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>でざゐん、あーとぶろぐてんこ盛り。
壱萬あくせす突破、厚く感謝。クリツクも宜しく御願ひ致し升。


posted by ろゆふ at 01:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

墨閑話 其乃肆

水に恵まれたにっぽんに住んでおりますと、墨を磨る際にとりわけ水質に気を使うと云ふコトは少ないやふですが、コレが処変わると一大事となります。

当方がかつてお仏蘭西に住んでおりました折、数ヶ月の間、スイス国境沿いに近い、アルプス地方に滞在していたことがありました。

書道ワークショップをすることとなり、展示用に作品を書くこととし、硯で墨を磨った時のコト。

妙にゴリゴリする、、のです。

にっぽんに居る時から使い慣れていた硯、墨で、明らかに様子が違う。筆をしみ込ませ、紙に書いてみると、滲みが拡がらず、なにやら濁ったやふな。

更に、墨磨液を置いておくと、表面になにやら膜のやふなものが浮かぶのです。

石灰分です。

スイスとの国境沿いに近いアルプス地域はお仏蘭西の中でも特に硬水地域。マグネシウムやカルシウム分が多いのです。ヨーロッパの中では多いですが、水道水から水を汲み、お湯を湧かすと表面に白いものが浮かび上がり、驚いてしまふ程。

水の硬度が高くなると墨磨液の暢びや分散が悪くなります。石灰分が表面に浮かんでくるくらいなので、運筆に多少鈍さを齎してしまいます。紙面に載った墨の色は、黒の感じが濃いめ、といふかトンがった印象となります。

何よりも驚くのは、筆がゴワついてくるコトなのですねイ。

このお仏蘭西の中でも、地域によっては、水の硬度が低くなり、軟水に近くなるところもありますので、その地域のミネラルウォーターを購入して墨を磨るやふにしました。

筆を洗う時には、水道水からの硬水を使わざるを得ません。どうしませう。

よく墨を落としきった後で、硬度の低いミネラルウェーターで「リンス」致しました、、、

今でもその筆を使用しておりますが、問題はないです。
硬水を使うことにより、予期せぬ墨の表現が生まれるコトもあるかもしれませんので、善し悪しは控えたいところでは御座いますが、、

やはりにっぽんの水は有り難ひ、と痛感した次第でアリマシタ。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>一押し、御願い致し升。
posted by ろゆふ at 10:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

墨閑話 其乃参

職人さんが手塩にかけ、形となった時点から絶えず呼吸を繰り返し、日々微妙な変化を経て行く墨。新しいものと年月の経た古いものとでは、墨色も書き味もそれぞれに異なります。

サテ、古墨とは?

墨は外気温により、膠の粘度が変化していき、煤を分散させる力が弱まっていくことにより、落ち着いた状態となると云われています。ですから、コノ温度、湿度がかなり墨の状態に影響するコトになります。

古墨は果たして何年もののことを云ふのか、一概に云えないのが此の点にあるやふです。因みに湿度100%、気温30度以上の環境下では、墨は一ヶ月持たないさふ。対して、土蔵等の気温、湿度が低い処等で保存すると、数百年持つと云われています。

それぞれの墨がどのやふな環境のもと、過ごしてきたかは異なりますが、ある程度湿度の少ない場所で桐箱へ納めて管理してきた墨に関しては、製造されてから10年以上を経たものを、古墨と見なすやふです。

この膠>蛋白質の分解作用がモノを申しているとか。現在では、良質の膠に入手が困難らしく、墨づくりは益々困難を極めている、と墨屋サンから伺いました。

この墨を使う時に必ず注意したいコト。

墨は磨ったらすぐにテッシュ等で磨り口を拭いて水分を取り除きませう。

コレをしないと磨り口からヒビが入ってきます。割れやすくなり、墨の持ちも悪くなります。

それにしても、年々温暖化で気温が上昇している中で、はたまた現代家屋で墨を佳い状態で保存するコトは、至難の業かもしれませぬ。夏場、当方は墨をオートドライボツクスに入れるやふにしてオリマス。せめてものの湿度への抵抗。


デハ、更に續ク。



58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>くりつく御協力宜しくお願い致し升

posted by ろゆふ at 10:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

墨閑話 其乃弐

お仏蘭西でワークショップを行った際に必ず質問されたコト。

「墨は何で出来ているのか?」

お仏蘭西では、持ちが長いと云う理由から、固形墨を使い、墨液はほとんど使いませんでした。にっぽんのやふに墨液がなくなったから、そこいらで買って来て、といふワケには行きませぬ。硯をにっぽんから持っていくのが重いでせう、と当初思いましたが、お仏蘭西の方々に使って頂く硯はさほど大きいものでなくても十分。墨液を何本も持ち込むより軽いのです。一度、使いかけの墨液をにっぽんより空輸した際に、キャップが何故か緩んで他の荷物までもが墨を染み込んでしまい、蒼白になったコトもアリマシタ。

さてさて、墨には大きく分けて油煙墨と松煙墨があります。油煙墨は菜種油、胡麻油等が多く、松煙墨は一般的に赤松の表皮から吹き出した脂を使うとか。

この種油を焚いて煤を取ります。菜種油等の液体の場合と、松脂等の固形では焚き方が違うさふです。部分的に墨つくりの見学を一度したコトはあるのですが、実際に手をかけたコトは残念乍らありませぬ。その苦労の程は計り知れないコトは容易に想像がつきますねイ。


この煤と膠、更に香料を混ぜて練り合わせて叩き、型に入れて纏めます。膠というものはある一定の温度以下とならないと固まらず、蛋白質である膠は夏の暑い時等は菌を増殖して腐敗する可能性があるので、冬場につくるものとされています。

職人さんの魂の固まりとも云える墨はまさに芸術品でせう。この出来上がった墨はまた更に、年月と共に呼吸を繰り返し変化を遂げて行きます。外気温が18度以下となると墨は自らの体内にある水分を排出し、20度以上となると外から水分を取り込みます。毎年、季節ごとにこの作用を繰り返し、膠の力が変化していきます。ある一定の時期を過ぎると筆跡と滲みの輪郭が美しく表現されやすい墨の状態となるやふです。

この話しをすると、お仏蘭西の方々は、妙に神妙な趣きで墨を摺るやふになるのですねイ。モノつくりの精神はチーズと共通すると云われた時には、流石お仏蘭西ぢゃと感服致しましタ。わは。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>くりつく御協力宜しくお願い致し升
posted by ろゆふ at 00:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

墨閑話 其乃壱

墨の話題が出ました処で、墨について少々掘り下げて参リマス。

普段、書道に馴染みのない方でも、小学校や中学校で「書き初め」等で数回は筆で文字を書かれたコトがおありだと思います。

当方の記憶では、その「書き初め」の際に、何故か硯に墨液を入れて、固形墨で摺りました。今思い起こせば、随分と妙な行為なのですが、恐らく学校の先生が、時間を短縮したかったのでせう。墨液はそのまま使えるワケで、単にお習字ッぽく硯で墨を摺るといふ素振りをしてみませう、といふことだったのか、、、よく分かりませぬ。

今は墨液でもかなり高品質なモノが出ていますので、とりわけ墨は固形墨でなきゃイカン、墨液はなりませぬ、といふコトではありません。

固形墨と墨液は、単に固形と液体といふだけの違いではないのですねイ。硯で摺るといふ行為が墨の質に大きな違いを齎してオリマス。

硯には墨を摺る面(鋒鋩と云います)がありまして、どの程度の力加減、速度で摺っているかによって、摺った墨の粒子の大きさが様々となります。書いた際に、幅広い粒子が作り出す線は均一でないコトにより、立体感のある墨色がより出やすいやふ。

それに対して、墨液は工場での製造の際に、液体の分散を好くする為に粒子を揃えるらしく、墨色は単一的、且つ平面的になりがちです。

亦、墨を製造する際に膠(にかわ)を使用しますが、この膠のゲル化が温度により変化致します。

固形墨の場合、ある一定の温度(18度程度)より低温となると、墨の中にある水分が外へ出て粘度が増して、固まるさふです。其の為、冬の寒い時に冷たい水で摺った場合、広がりのある墨色を得る事は一般的に難しくなるやふ。

ところが、墨液はもともとニガリで液体が固まる作用を抑えている為、冬場の寒い処での使用に向いているらしいです。

確かに季節によって、どのやふな墨を使うかによって、紙面に載った墨の発色の違いに驚かされます。墨の条件に加え、どの紙を使っているか、はたまた、誰がどのやふに書いているか(筆圧の違いなどなど)、不思議がテンコモリです。

常日頃、墨を使っておりましても、様々な条件によって、一概には云えないコトばかりでせう。あまりに深い世界ではありますが、当方の知る範囲で少しずつ、追求して参りたいと思います。

デワ、次回へ続く。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>押して頂ければ嬉しふ御座い升

posted by ろゆふ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

古墨


IMG_4741.jpg

墨が欲しひ、欲しひとコト有る事に念仏のやふにホザいていた当方を見かねた敬天齋サン、逸品だよふとひとつの古墨を持って来て下さる。

とある書家の先生がお気に入りで使っていたといふ墨。色々と蘊蓄を述べて下さるが、肝心の試し書きしたモノがない。墨色が分からないのである。疑心暗鬼。「百年は経っていると思うけどなー」と仰るが、んー、分かりませぬ。

街中でなんとか墨色を確認するに何か手はないものかと思案。テッシュに水を含ませて、直接コピー紙に墨を載せてみる。

コンテで書いたみたひでやはり分からなひ。

結局墨色を確認出来ないまま、清水の舞台から飛び降りる。お買い上げ。当方の一ヶ月の小遣いに相当。当面禁酒。

サテ、緊張の墨摺り。

ををを。摺り心地が違ひ升。

本画仙紙に筆を運ばせてみると、線の輪郭がくっきり、滲みがじわり。柔らかく拡がるのである、感涙。

IMG_4747.jpg

毎度摺ってから寝かせる等、四苦八苦し乍ら有り付けている滲みと輪郭。いとも容易いといふコトに拍子抜け。

安墨買いの銭(時)失ひ?
佳い道具を使いませう。


58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>益々低迷救援クリツク御願ひ致し升
posted by ろゆふ at 14:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 文房四宝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。