2005年10月16日

たゆたふ状況

皆様、毎度如何御過ごしでせう。けふもアチラコチラに墨をこすりつけ苦虫かみ潰してゐる、ろゆふです。

その甲斐がありましてか、昨日たゆたふ展作品群の中で、表装作業が必要なものの最終二点が完成、一晩置きまして(毎度一晩置いてから、完成か否かを決断してオリマス)御世話になっております表装工房さんへの発送手続きを済ませました。

取り敢えづ、安堵。

此の後、表装仕立て不要の制作も数点致しますので、あともう一息、励みたひと思ふ所存で御座居ます。

此のたゆたふ展、場所柄、作品群はすべて小さいモノばかりです。

「揺蕩孚」の題字作品の一点だけ、横幅一メートル程の大きさでせうか、、(案内状寫眞のものではありません)

それも全く迫力のない作品ばかりです:笑

消え失せるかのやふな作品とご想像戴ければ宜しいかもしれません。

其の中でも、意に反して方向性無視した作品が一点、、、在ります。普段ろゆふが発表したコトの殆どない作品デス。

御樂しみに、、(と云う程のモノでもありませぬが)

サテ、

今までたゆたふのコトで余裕なく、すっかり忘れてしまっておりましたが、ろゆふが審査会員となっております東京書作展の出品が今週末に〆切を迎えます、、今年は今までとはガラリと変えたいと思ふておりまして、、が、内容はやはりかな交じりかなーと思ふております。

手掛ける詩文を本日色々と検討の末、、Roan's CabinのHikowskiさんお勧め戴いて以来、詩集をよく拝読させて戴いております西脇順三郎氏の詩を書いてみたいと思ふております。

週中はまたまた時間の余裕がなくなる気配の為、是より手掛けたく。
posted by ろゆふ at 21:33| Comment(12) | TrackBack(3) | 制作閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ろゆふさま

個展の制作おつかれさまでした!
キョーワにて、お葉書ゲットさせていただきました♪今からとっても楽しみにしております〜♪

さて、昨日とある場所でイラストレーターのイガラシさまと知り合いました。ろゆふさんとお知り合いだそうで・・・。元先輩になりますね☆

審査会員になると書作展の締め切りはこんなに遅かったんですねぇ。来週は審査がありますので、こちらはドキドキしております(T_T;)

寒くなってきましたのでくれぐれも無理をしすぎないようにしてくださいね。
ではでは^^
Posted by 澄翔☆書道奮闘記 at 2005年10月17日 00:16
はじめまして。
小僧さんのところに興味深い書き込みがあったので、
尋ねてみたくなりました。

何かこう、墨の匂いが漂ってくるようです。
わたし、こういう書、好きです。

ろゆふさんの名前の由来も素敵ですね。
夜、またゆっくりと拝見させて頂きます。
Posted by ヤヤー at 2005年10月17日 14:16
>澄翔さま

御来訪、有難ふ御座居ます。
五十嵐サンとお逢いになったのですかー。平野先生の処でせうか、、
書作展、素晴らしい結果だと好いですね。
Posted by ろゆふ at 2005年10月17日 18:21
大変ご無沙汰しております。

記事を拝見していたら自分の名前が
出てきて訳もなく狼狽しております。

西脇の詩を作品に使われるとのこと。
可能なら作品が完成した暁には
是非とも拝見したく存じます。

秋が深まり冷たい雨が降りしきる
昨今ではありますが、
お体にはどうぞご留意くださいませ。

またいずれ。
Posted by Hikowski at 2005年10月17日 18:22
>ヤヤーさま

やふこそお越し下さひました。小僧はまの処では常連さんなのですねイ。宜しくお願い致します。

御恥ずかし乍らの珍作ばかりですが、お気軽にお目を通して戴けましたら、幸甚デス。墨は面白いですが、扱いには四苦八苦したりと不思議な魅力がアリマス。

由来頁も御覧下さったやふで、恐縮デス。
またお気軽に遊びにいらして下さひ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月17日 19:01
>Hikowskiさま

やふこそやふこそ。
コチラこそ、面目無しの無沙汰ぶり、大変に失礼を致しております。Hikowskiさまの記事の充実ぶりにはいつも感心致してオリマス。毎度読み逃げにて申し訳ありません、、

西脇氏の詩、色々と手掛けたいと思ふものは多いのですが、字数の関係で、今回は極力字数の少ないものを手掛けるつもりであります。いづれ、今回ではありませんが、個展の際に大きな作品として使わせて戴けましたら、、と思ふております。「旅人かへらず」はやはり挑戦したひです。(全文となるとタイヘンなことになりますが:笑)
いづれ、御覧戴ける環境を用意致したく思ふてオリマス。
Posted by ろゆふ at 2005年10月17日 20:28
こんつゎ〜、ご無沙汰〜。
来月の個展行くからね〜〜。
書作展の作品も期待してっからね〜。
んじゃね〜。
Posted by 景牙 at 2005年10月17日 20:29
みがあんちゃん、リンクありがとう!こちらも早速リンク結ばせて頂きました。
それから色々教えてくれてありがとう。
とらつくばつくは今度ちゃれんぢしてみます。
Posted by ユキ at 2005年10月18日 11:27
ろゆふさ〜〜〜〜〜ん!!

ご無沙汰しちゃってごめんちゃい。

御葉書きありがとうございました!!

お店にかざってありますよ。

お客さんが興味持たれてましたので

ご案内しましたよ。

もうすぐですね。銀座個展。かっくい〜〜!!

応援してますよ!!

んじゃ。またくるっす!!
Posted by NONBOO at 2005年10月18日 16:40
>景牙さま

やふこそやふこそ、
すっかり御無沙汰しちあて、スミマセヌ。
たゆたふ展、恥さらし御免ですが、、、目つむっていらしてねイ:笑
書作展、なんとか間に合いさふ、かも。
Posted by ろゆふ at 2005年10月18日 18:36
>ユキはん

やあやあ、お疲れさまデス。
りんくの結び、有難ふー。
ぶろぐは結構色々なお客様が入ってくるから、
らむたはん宅も益々にぎわうでせうなー。
樂しみに遊びに伺い升ぞイ。
れツつとらつくばツく。
Posted by ろゆふ at 2005年10月18日 18:40
>NONBOOさま

やふこそやふこそー。
案内状、御甘受感謝デス。
お客様にもご紹介下さったのですかー。
嬉しひよふ。
んー、なんとか静岡でも開催できるくらいになりたひなー。
と、云うか、まづはNONBOOのお料理を味わいたひーーーー。
必ずや年内になんとか致しますぞ、待っていてねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月18日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8223198

この記事へのトラックバック

ランボー詩集 (新潮文庫)
Excerpt: on y va. 詩人の中でもランボーは別格の伝説を誇っていると思う。詩人であった時期は 数年であり 筆
Weblog: 詩集を攻める
Tracked: 2007-10-01 07:35

コクトー詩集 (新潮文庫)
Excerpt: なぜだか、無性に「野ばら」を読みたくなって本書を購入しました。あまり詩に興味はないんですが、コクトーの詩は飴玉のように楽しめます。原文ももちろん読みたいんですけどネ〜♪コクトーの言葉に対するこだわりが..
Weblog: 詩集を攻める
Tracked: 2008-01-27 18:44

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
Excerpt: 金子みすずさんの詩は優しいです。その優しさが、何か生命いのちの根源的なところから来ているような気がしますこのようなこころの深いところに届いた本をいくつか紹介したいと思います。おそらにはてはあるの? (..
Weblog: 詩集が最高によかった
Tracked: 2008-02-08 15:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。