2005年10月11日

金魚坂 宵の秋まつり

十月十日祝日、御江戸は本郷の『金魚坂 宵の秋まつり』にお邪魔して参りました。

此の金魚坂は創業三百五十年続く、金魚、錦鯉の老舗卸問屋。現在では、都会の隠れ家的存在として、釣堀、喫茶、レストラン、マルチスペース等の商ひも行われております。
IMG_6806.jpg

IMG_6846.jpg

日本の五節句のひとつである「重陽の節句」。陰暦九月九日がこの日に当たり、陽暦では十月十一日、本日です。節句の前日である陰暦九月八日、即ち昨日、此のおまつりが開催されました。

此の企画をされましたのが、尾上佳子氏。普段はOLサンとのことですが、兎に角、和が好き、着物好きが高じておまつりの発起人を買って出たと云う、素敵な御方です。

金魚絵師 深堀隆介氏の個展にパフォーマンス、 箏曲家 松本英明氏のライヴ、大至氏による相撲甚句等、風情てんこ盛りで楽しい時間は過ぎていきました。重陽の節句に因み、樽酒「菊水」が振る舞われたことは、なんとも粋、且つ美味でありました。

IMG_6823.jpg

IMG_6829.jpg

生憎の雨にも関わらず、大盛況! 萬歳。

【重陽の節句】
「重陽の節句」は「菊の節句」とも云われます。
重陽の節句の起源は、ほかの節句と同様古来中国に遡ります。中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である九が重なる九月九日を、「重陽」として節句のひとつとしてきました。

中国では此の日、茱萸(しゅゆ=ぐみの実)を袋に入れて丘や山に登ったり、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。是が日本に伝わり、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」として宮中の行事となり、江戸時代には武家の祝日になりました。
農山村や庶民の間では、折しも田畑の収穫も行われる頃、栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝ったということです。
posted by ろゆふ at 21:48| Comment(18) | TrackBack(3) | 御江戸詣リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
知らないことばかり…
知識の宝庫!ありがとうございます。
Posted by juri at 2005年10月11日 23:31
お。俺の「絵」だっ(笑)

どこに飾るか・・・飾れぬか?は置いといてだけどね(笑)

秋の夜にこういうイベントは
なかなか「オツ」なもんだね。

日本人である事を「認識」出来る時間でもあったよ。

今日は今日で「セミナー」→「NOBO&武田っち」と会談・・・で午前様じゃっ!!!

ぬあっはっはっは!!!!

昨日元気をもらっとるから
「泳いでる」ぞーーー!!!!
Posted by 反響道 望月 at 2005年10月12日 01:33
>juriさま

やふこそやふこそ。
御来訪、感謝デス。

二十四節気というものは、先人が自然の中から感じとって生活の節目としていった粋な道しるべですよねイ。私目も記事にさせて戴き乍ら、勉強しているのでアリマス、へへ。

金魚坂、是非足を運ばれますと好いですよふ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月12日 10:15
>反響道 望月さま

望月サン、此の度は御目出度ふー御座居ました!
吉兆、吉兆、なんか是から凄ひコトが起きるキザシでせうー:笑
家宝になりますねイ。んー、臨場感が蘇りさふ、、

併し、お忙しい中、こうやってめっせーぢを下さるコト、本當に恐縮です、感謝。
お惣菜、動いておりますねツ、がー、皆、始まる前に勢いづき過ぎて、バテませぬやふ、、さもなくば、影武者を働かせて下さひ、なんとぞなんとぞ。

念念念。
Posted by ろゆふ at 2005年10月12日 10:24
みがあんちゃん、こんぬづは。今日個展案内のDMを拝受いたしました。今回もお洒落なデザインで、みがあんワールドの充実振りが窺える内容となっちょりますな。
僕も今から東京出張が楽しみになってきちょりまする。それにしても連日お忙しいやふですが、個展までにバタンキュウ〜にならぬよう、どうかご自愛してくだされ。いやぁ楽しみ楽しみ、、、。んぢゃ、頑張ってネ。
Posted by 敬天齋主人 at 2005年10月12日 18:55
ろゆふさんやっほイ♪

いいイベントでしたよね!
一緒に行けたメンバーも
とっても良かった!!

深堀さんや、あそこで
繋いでもらったアーティストさん達とも
色々とはなしが出来て嬉しかったっす!

望月さんがあの即興作品を落札したのは
笑ったけど!(笑)

さぁ!個展ももうすぐ!
そして『優しいライオン』も!!

動き出しましたよぉぉ!!
俺もフルスロットルで行きます!

一緒にやってやりましょう!!(笑)
Posted by JUK at 2005年10月12日 19:47
ろゆふさん、
昨日、複写長から聞きました。

ああーーー、
オレも行きたかったです。

小学校の頃、金魚マニアだった僕は、
この絵にビビッてきました。

そっかぁ、
望月さんの物になったんだぁ。

見事なランチュウっス。
Posted by しのブロ@篠崎 at 2005年10月12日 20:27
こんばんは、ROYUさん。 中野先生主催のオフ会でお会いしたLouieです。 自分もやっとブログを立ち上げ、オフ会でお会いした皆さんのブログに訪問して勉強させていただています。 さすが、ROYUさん味がありますねぇ。 僕がHawaiiの文化にこだわっているのとある意味対照的に日本文化の心を感じさせてくれます。 いくらHawaii好きな自分でもやっぱり日本人だよなぁみたいな気持ちにさせられてしまいました。 素敵です。 実際の作品をもっと見させていただきたいです。
Posted by Louie RYUCHI at 2005年10月12日 23:51
>敬天齋主人さま

やふこそやふこそー。
をを、案内状、無事届きましたでせうか。なんとぞ宜しく御願い致します。漸く制作も落ち着いて参りましたので、是から諸々の準備をせねばー、と云うところです。
御声援、いつも感謝デス。

折しも、けふは大槻先生の個展初日でありますねイ。
伺えづ、非常に残念では御座居ますが、、
御盛會、こゝろよりお祈り申し上げます。
Posted by ろゆふ at 2005年10月13日 09:10
>JUK君

やツほひー。
先日はまたまた盛り上がりましたねい、久しぶりに話を交わせたのも、嬉しかったですぞい。

また更に、縁が繋がりましたねイ、、慌てづ、ひとつひとつ形にしていきませう。夢は時間を掛けて実現していくほーが、樂しかったりするでせう:笑

併しツ、『優しいライオン』、きましたねー。興奮せづには確かに居られなひ、、:爆 共に創らせて戴けるコト、本當に感謝。いざいざ!
Posted by ろゆふ at 2005年10月13日 09:17
>篠崎さま

しのさんー、御無沙汰でするー。
嗚呼ー、しのさんと金魚、結びつきますわ。
御江戸へいらしたら、金魚坂、必ず足を運んで下さひねイ。

しのさんも体調宜しくないと伺っておりましたが、
もふ大丈夫でせうか? ぶろぐも雰囲気りにゆされておりまするね。吃驚しちあた。
後程、伺い升えー。
Posted by ろゆふ at 2005年10月13日 09:23
>Louie RYUCHIさま

やふこそやふこそー。
ぶろぐの御開設、御目出度ふ御座居ます。
MLさぼり魔の当方、存じ上げてはおりましたが、御挨拶がすっかり遅くなりました、謝謝、、

ハワイへは未だ足を運んだコトがなく、、間違ひなく取り憑かれると思うのですが、、のんびりした処は間違いなくハマルろゆふです。今からでも、飛んで参りたひ。

なまの拙作品、十一月に個展を行いますので、御案内致します。是非お気軽に遊びにいらして下さひねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月13日 09:56
やっほい!小僧だぞい。♪
少し息抜きが出来る余裕出て来たんだね。おつかれでした。
素敵な渋い案内状ありがとう。再開を楽しみにしてます。いい季節になったですね。小僧相変わらず好きな事してます。最近カメラ新調して、カメラ小僧も大活躍です。自分でいうなっ!ポコ!
Posted by 小僧 at 2005年10月13日 19:28
>小僧さま

うをーん、小僧はま、御無沙汰致してオリマス。
御来訪、深く感謝。御返事が遅くなりり、申し訳ありませぬ。

此の二日間、好い御天気でしたねイ。久しぶりの秋晴れに遊びに参じたくなるところではありましたが、今は缶詰容赦なくう:笑 案内状甘受有難ふ御座居ます。メイルでまたお報せ致しますが、ひょいと盛り上がりたく、ヘヘ。
キャメラ、新調なさったのですか、うほほ。キャメラ小僧はまの御活躍、拝見に伺い升ねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月14日 18:51
ろゆふさま
この度は、心のこもった祝電をありがとうございました。お陰さまを持ちまして感動的な開催を迎えることができ、感謝です!
まだ二日間ですが、かなりのぱわあを要しますねぃ。

皆様の応援と励ましで何とか頑張れますね。
まずはお礼まで、、、、、
初めてのコメント、緊張気味。。。。。
Posted by 大槻吟風 at 2005年10月15日 00:03
蜜柑しゃん、お久しうございます。。
すっかり出遅れちあいましたが、ご案内のお葉書頂戴致しました☆ありがとうございます(*^^*)
素敵な書のお葉書が嬉しくて、何度も何度も見返しちあいました。。11月、必ずや個展会場に参上致します☆お会い出来るのを楽しみにしておりまするるん♪
Posted by まゆ at 2005年10月15日 01:33
>大槻先生

なんとツ、お越し下さり、誠に有難ふ御座居ます。
此の度は個展開催、御目出度ふ御座居ます。
御盛會の御様子、敬天齋さまからも拝聴致しております。
もう少し近くであれば、是非とも伺いたかったのですが、申し訳ありません。土日はとくにお忙しいことでせう、、えねるぎいは、、確かに必要ですよねい:笑

兎にも角にも貴展が大成功を修められますこと、こゝろよりお祈り致します。今後とも、お気軽に遊びにいらして下さいませ。
Posted by ろゆふ at 2005年10月16日 00:15
>まゆさま

やふこそやふこそ。
たゆたふ葉書の御甘受、誠に有難ふ御座居ます。
けふも制作の追い込みで、、なんとか一枚デシマタ。
全く亀も吃驚のテロテロぶりで、、構想自体がまとまらずにおりましたので、かーなり遅くなってしまったのですが、なんとか、着地点が見えて来たやふな、、ふへ:笑

姫路よりわざわざお越し下さって、後悔されないやふなものを御覧戴かねばと、、、非力ではありますが、お待ち致してオリマス。
Posted by ろゆふ at 2005年10月16日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 10/15 上坂祥元 氏
Weblog: artis
Tracked: 2005-10-16 15:01

7/8(土)原宿ASTROHALLにて和の実験的空間イベント『W.A vol.2』開催!
Excerpt:  和の熱、坩堝。和のカルチャーを世界へ―― W.A vol.2 和心が...
Weblog: ガールズファッションブログ
Tracked: 2006-06-21 23:27

【宝永元年創業の老舗金魚屋で絶品ディナー】
Excerpt: 宝永元年と言うから1704年に創業、現在の女将さんで6代目という金魚、錦鯉の卸問
Weblog: 佃の旦那
Tracked: 2007-02-20 14:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。