2005年08月21日

■共通テーマ「幸せ論」ア-七■


posca_16.jpg


皆様、残暑厳しき折、如何御過ごしでせうか。暫しのお休みを戴いておりました當【墨娯游帖】、本日より再開させて戴きます。休暇中、数々の温かいお言葉をお寄せ下さった皆様、厚く御禮を申し上げます。今後とも墨娯@ろゆふを何卒宜しくお願ひ申し上げます。

サテ、ブログというものを通して此の数ヶ月、様々な方々との意見のやり取り、新しい発見、今後の可能性等、大変に有意義な時間を過ごして参りました。其の中のひとつの御縁として、今回『第2回 ブロガーの輪(和)』という企画に参加させて戴くことと相成りました。様々な職業、分野、地域、性別、年齢を越え、六十一人のブロガーが、今回の共通御題『幸せ』について、各自一斉に公開するという企画です。

と、云ふコトで、僭越乍ら当方が考える「幸せ」について、綴らせて戴きました。あくまでも経験の浅い当方が主観的につらつらと述べまくりの世界で御座居ます。何卒片目つむってお読み下さひませ。

『第2回 ブロガーの輪(和) 共通テーマ「幸せ」』企画の参加者の皆様はコチラで御座居ます。

當頁の記事につきましては、皆様どなたでもお気軽にご意見をお聞かせ下さいまし。開かれた場でありますので、なんとぞご遠慮なさらづに。

デハ、祭りのはじまりイ。


『幸せ』について


「しあわせ」

「仕合わせ」

「為合わせ」

「シアワセ」

「幸せ」

「倖せ」


今まで改めて「幸せ」について、綴ったことと云うことは、なかったと思います。
今回、此の「幸せ」を言葉として捉えて調べてみたところ、上記の通り、多様な文字表現浮かび上がりました。

更に、「幸」という文字として、捉えてみました。

sachi.jpg
「幸」の文字の起源はなんと、刑罰の道具に用いる、両手にはめる手枷の形なのです。(左図は「幸」の甲骨文字)

ちなみに

此の手枷を両手にはめた形は「執」、

報復刑として手による犯罪に枷をはめることは「報」、

となります。

此の中で、手枷だけの刑罰ですむことは、重い刑罰を免れるということで、

「思いがけない倖せ」

と云うことから、「幸」が「さいわい」という意味に繋がります。


また、「しあわせ」という日本語の観点から辿ると、もともとは、

「し・あわす(為合わす)」となり、

「めぐり合わせ」
「事の成り行き」

と云う意味合いとなります。

此の巡ってきた事柄が「さいわい」であっても、「喜ばしくない」場合、双方に用いていたやふで、其の「さいわい」の意味のほうが、より一般的に使われるやふになったやふです。


改めて、調べてみた中で、言葉として強く残ったものは、「めぐり合わせ」でせうか。


「しあわせ」というものを「幸運」として捉えた場合、ある意味「事の成り行き」ではないかと思ふことが、多々有ります。

そしても自分自身が、「果たして解放されていたか」、ということ。

毎日生きている以上、様々な出来事が私達の身の周りに起きます。大きなことも、小さなことも、すべて含めてです。


コレは甘いゾ、と信じてバカンと割った西瓜が、まだ種さえも白かったコト。

いつもしかめっ面の近所のおじさんが、初めて「気をつけて行ってこいよー」と声を掛けてくれたコト。

墨の滲みが思いかけず、なかなかの出来であったコト。


などなど、

些細なことは日常の中で、山のやふにあります。其のひとつひとつの出来事の中に、小さな「不幸」を感じたり、「幸」に感じたり、此れは人によりけりでせう。

人との交流や出逢いの中で、「不幸」と感じたり、「幸」と感じるか、此れも人によって、千差万別。

思ふに、自分自身の器に出来事を受け止める際、自らのこゝろを解放出来ていたか、其れが出来ない状況であったかにより、器に入った際に感じる「さま」が違うと思ふのです。

また、其の器に入った後も、時間とともに変化していくもの。

「めぐり合わせ」、「事の成り行き」を結果的にどう自らが受け止めるか、

どう、育んでいくか。

「しあわせ」は与えられるものではなく、自分自身で築くことではないかと思ふのです。


今日、自分という者が此処に存在するということ、そして、人々との出逢いがあるということ、好きなことをやって生きているということ、現在は悩むやふな病を抱えていないということ、

大変な「しあわせ」であります。

たとえ、其の「時」は「不幸」と捉えることしか出来ないことであっても、時間の経過とともに、「倖せ」と受け止める自分を見つけることもあるでせう。

すべては自分のこゝろ持ち次第。

思ひ起こせば、

かつて、自ら「何故にこんなコトばかり起きよるのかねい」とすべては周囲に責任があるかの如く、憤慨に思わざるを得なかった時期を経ておりますが、

すべては自らの行動の「めぐり合わせ」で引き起こしていたこと、
こゝろ持ちの傲慢さが、コトを更に悪化されていたとも云えます。

その時点では、冷静になり気が付くことが出来るやふな、精神的余裕も無し。

が、時間とともに、すべては変化して行きます。

時には委ねることも必要なのでせう。

「しあわせ」なのか、否か、すべての答えは自らの中にあるのでせう。


暫くの間、當墨娯をお休みさせて戴いておりましたが、其の間、当方にとっては新しい試みである、墨を用いた自由表現による、作品創りに追われておりました。

文字を使わない表現です。

今まで、ひたすら文字というものにこだわり、創作をして参りました当方にとっては、出来の好し悪しについてはさて置き、大変に佳い勉強となりました。

新しい世界を発見していくこと、

此れも、作家としてのひとつの「しあわせ」です。

ちなみにけふの当方の手元の「しあわせ」は、
真ん丸お月さんを眺めつつ、おくら納豆つまみに焼酎ロツクを頂いたコトでせうか。

お粗末さまにて御容赦の程ヲ。
posted by ろゆふ at 01:09| Comment(86) | TrackBack(29) | ブロガーの輪(和) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分ひとりでは幸せになれない。
なにかとめぐりあってはじめて
しあわせになるのだなと
感じた次第で。

いや、奥が深い。

Posted by ■ア-8■Hikowski at 2005年08月21日 01:44
NOBOっす。

もう、ただただ感動だよ。凄いよ。
幸せ論の書、見てるだけでコッチが幸せになったよ。

ありがとう。

しあわせ=幸、この字が刑罰の道具に用いる両手にはめる
手枷の形から出来たなんて・・・唖然!!

すごく沢山よく調べたね。
るゆふさんのブロガーの輪に対する真剣な姿勢。
これだけでも俺は幸せを感じた。

幸、この文字が持つ他の意味。
あとでまたコメント入れに来るね〜!!

最後に一言。
さすが書の魔術師ろゆふ!感動を有難う。
Posted by ■幸せ論 経-5■ 惣菜NOBO at 2005年08月21日 01:48
墨娯@ろゆふさん、はじめまして。

のんさんには、お聞きしてたんですが…。
すいません、遅い訪問で…。

幸せははぐくむもの+こころの持ち次第。
そうですよね。

今が、しあわせなのかもしれない。
でも、もっともっと探求して行こう!

そう思いました!!!
Posted by ■幸せ論 総-6■ さかっち at 2005年08月21日 01:58
「心」次第で幸せと感じたり
不幸せと感じたり・・・・

その「心」の在り方を探すのも
自分の歩み方次第であるということ。

本当にそうなんですよね!

ろゆふさんと出会ってから、何度も
こういったことを話合いましたね!

歩んだから出会い繋がったものには
自然と「幸せ」の香りを感じるのでしょうね!

これからも、余すところなく
感じていきたい!そうしていきましょう!!

お疲れ様でした!!!
Posted by ■幸せ論 ア-1■ JUK at 2005年08月21日 02:06
>「しあわせ」なのか、否か、すべての答えは自らの中にあるのでせう

この一文にしびれました。
答えは自分の中にある・・・・か。
さすがです、ろゆふさん!
しかし、「幸」の字が手枷だったとは、想像できませんでした。
字の不思議発見だね。勉強にもなりました。
Posted by 夢実現サポーター☆小井沼克彦 at 2005年08月21日 02:41
>「しあわせ」は与えられるものではなく、
>自分自身で築く・・・

気づく・・・。

そして「めぐり合わせ」・・。

くゎぁぁ・・やっぱ「ろゆふワールド」は
奥深いわぁぁ・・・・。

この「語源」は凄く興味深かったっす。
ともすれば「真逆」の意味合いに行ってた可能性も・・。

って事はだよ、やはり「紙一重」なんだよね。

自分自身の中に「幸せ」を「感じる」アンテナさえあれば・・。

って、俺もやっぱそう思うんだな(笑)

俺のも「カブ」ってるよ(笑)

ろゆふさん、本当にお疲れ様でした・・!

そして・・・どうもありがとう。


Posted by ■幸せ論 総-1■ 望月 at 2005年08月21日 03:15
時の流れは悪戯に

日々 忙殺の中逝き過ぎて

痩せた心が水を欲しがり

ふと、振り返れば空に月


るゆふ様、はじめまして、こんばんわ。(最近の心境です)

月を肴に焼酎のロック!
あ〜!素敵です〜!やってみたい〜。

ほんの些細な幸せを感じる時ほど
心が潤っている事を
実感します。


ろゆふさんの幸せ論で
痩せた心に水をあげる事が出来ました。

ありがとう。


Posted by かずみ at 2005年08月21日 03:39
ろゆふさん、初めまして!
士業カテゴリーの小山内です。

>思ふに、自分自身の器に出来事を受け止める際、自らのこゝろを解放出来ていたか、其れが出来ない状況であったかにより、器に入った際に感じる「さま」が違うと思ふのです。

最近、この感覚がようやくわかってきました。
起業して、ブログを始めて、いろんな人と出会って・・・。
これまでとは違って、私自身の器にはとても入りきれない人々と出会ってきました。
そのたびに、(もっと器を広げないと・・・)と思っています。
どんなに凄い人と出会おうと、受け止めるほうがしっかりしていないと、受け止めきれないもの。
どんな人でも受け止められる器になってみたいものです。

ちなみに、私の手元の「幸せ」は、初物のサンマの塩焼きと、麦酒です。
Posted by ■幸せ論 士−1■ 小山内 怜治 at 2005年08月21日 04:37
おはよう、ろゆふ!! ←もうダチ感覚(笑)

いいねぇ、ろゆふ版幸せ論。

>「めぐり合わせ」、「事の成り行き」を
 結果的にどう自らが受け止めるか、

いろいろと考えさせられてしまいました。

多くの変質ブロガーに出会ったという「めぐり合わせ」
そして、
多くの空爆コメントをくらったという「事の成り行き」

深い!!深すぎて涙チョチョ切れじゃーーっ!!

これを幸せととるか、否か。(笑)

き、貴様…!!

スーーーーハーーーー(深呼吸)

…仕方ない。
ろゆふ、俺は今、幸せだよ。

幸せ!!幸せすぎて涙チョチョ斬れじゃーーっ!!
Posted by 常識ハカイダー at 2005年08月21日 07:52
ろゆふさんのことは、JUKから伺っております。ぶっとんだひとだ、と(笑)。たびたび素敵な文字を拝見させていただいてました。ろゆふさんの幸せ論、奥が深い!トップの幸せ論の文字もとても好きでした。わたしは今、悪夢から目覚めることができて、ふがしをたべながら音楽を聴いていて、なんだか幸せです。
Posted by 幸せ論ア―9三角みづ紀 at 2005年08月21日 09:36
筆の持つ繊細さを日々感じているろゆふさんだからなんでしょうか?
私が日頃、鉛筆も持たなくなってしまったギャップからでしょうか?

ろゆふさんの“幸せ論”には独特の切り口を感じ、
人生における幸せが、つい判った様な気分にさせられました。

曾爺さんは絵描きで、私の父親はそんな人から水墨画を
小さい時から叩き込まれたそうです。
読みながらふと…そんな自分の知らない過去を振り返ってます。

「倖せ」の文字…とても感慨深くて良いですね。
ありがとうございます。
Posted by ■幸せ論 総-4 ■ エージェントS 国際社会を巡る at 2005年08月21日 11:00
いつもこのサイトで、新鮮な気持ちと
幸せをわけてもらっていました。

ろゆふさんの器はどんな形を
しているんでしょうか。
僕のは相当歪んでいます。(笑)
しかも、笑えるくらいちっちゃいです。

でも、その大きさはいろんな人との出会いの中で、
いろんな体験をすることで少しずつ大きくなり、
底も深くなっている気がします。
(少なくとも、そうであってほしいと願っています♪)

器ときいて思い出しました。
中に入れるものです。

僕は“水”を想像しました。
器の形によって、どんな形にもなるものです。
あたためればお湯に、
さらに熱すれば気体に、
冷やせば氷に変わります。
そして、ずっと放置すれば腐ります。

 どこか幸せとかぶりませんか?

久しぶりに感じたろゆふさんの切り口に
とても刺激をもらいました。 感謝です☆
Posted by ■幸せ論 営−5■ 素が嫌 at 2005年08月21日 12:15
.

ろゆふ さん


御無沙汰致しておりマス。
そして お帰りなさまシ。


外ではなく 内に問いかけて
見い出す「倖せ」

自分にも 問いただす次第です。
素晴らしき 投げかけ 有難うございました。


  新境地 お目に触れさせて頂くこと
  心待ちにしております。


>月とおくら納豆と焼酎ロツク

最高な「倖せ」ではないかと

今後とも 宜しゅうに。



.


  
Posted by ■幸せ論 ア-3■ refs DESIGN 〜 デザイン禅問答 at 2005年08月21日 12:21
ぶらぼー!!!
ろゆふさん、お疲れ様です^^
そういう意味があったとは、まったく知らずに「幸せ」という言葉を使って発していました。
でも、しあわせ 幸せ シアワセ
と、時々の感覚によって使い分けてはいましたが。
3つだけ・・・ははは(笑)
そしてやっぱり自分からつかむ幸せ。
ちっちゃい事がシアワセと感じられる心。
うんうん・・・そうそう・・・とうなづきつつ。
私の昨日のシアワセは、夕方行った近所のお祭りで小僧がニッコニコしていたことかな(^o^)
Posted by みぃ@手仕事屋 at 2005年08月21日 12:55
【途中経過報告其乃壱】ろゆふ与利

皆様、お暑い最中、「幸せ論」詣り、大変にお疲れさまに御座居升。

初参加の当方、なにげに想像をしていたとはいえ、やはり六十一人が一同に共通御題に臨むという、画期的な祭りの盛り上がりに、

口開けております。

ついつい、皆様の「幸せ論」をまづ拝読させて戴くことに夢中となり、當頁での御返事が遅くなっておりまするが、必ずやひとつひとつお届けさせて戴きますので、御気長御気楽にお待ち頂けましたら、幸甚です。
Posted by ろゆふ at 2005年08月21日 13:34
>Hikowskiさま

やふこそ、やふこそ。
早々に御覧戴けましたこと、大変に嬉しく感じてオリマス。
自らにとって、不都合な出来事も、福ありの出来事も、すべてはめぐり合い、循環していくものと捉えると、執着もなくなるやふな気もするのですが、、ずふずふし過ぎでせうか:笑

Hikowskiサンの詩への想ひ、大変に感じるところが大で、今後も楽しみです。
Posted by ろゆふ at 2005年08月21日 13:40
>NOBOさま

迅速なるお目お通し、厚く感謝デス。
お疲れさまです。
盛り上がっておりまするねイ。

此の「幸」と云う文字を見ていると、
いつも紙一重の宿命を感じます。
そのせいか、実はこの「幸」という文字一字を
書の作品として発表せぬ侭、経過して参りました。
未だに此の一文字をどう書く認めるべきものなのか、
よく分からないものがあります。

最近、特に感じることは、
「為合わせ」の言葉が
まさに日本的な思想に基づいているやふに
感じること。

またいづれ新たに記事にしたいですねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月21日 13:49
>さかっちさま

やふこそお越し下さいました。
儀式的ツマラン云い回しが個人的な趣味の當頁では御座居ますが、両目つむって御愉しみ下さひ。

自らが「幸せ」であることを知ると云うことも、とても大切な一歩なのでせうね。呆ケの当方、自分が何者であるかさえも忘れておりますので、「幸せ」を語るなぞとんでもなひーのですが、参加しちあしました、むむむ。
不可解極まりない者に御座居ますが、今後ともお手柔らかに、お気軽に遊びにいらして下さいまし。
Posted by ろゆふ at 2005年08月21日 13:57
>JUK殿

やツほひ、お疲れさま。

>その「心」の在り方を探すのも
>自分の歩み方次第であるということ。

即ち、自らが「幸せ」を導き、育むことが悦びに繋がるのではないのかと思うのです。出逢いとなり、自らの発見へとも広がるのでせうねイ。

素敵なきっかけを戴いたと、強く感じてオリマス。
コノ「幸せ論」での様々な思想、また新たな出逢いが、【ROJUK】に恵みの雨も齎すやふな、、気が致しますぞ。

おまとめ、お疲れさまでした!
Posted by ろゆふ at 2005年08月21日 14:06
ろゆふさあああああああああああん♪
ご無沙汰です?!(^^)

めぐり合わせ。
そうですね。ろゆふさんとの出会いもめぐり合わせですね♪
blogで鷺組ができるとは思ってませんでした(笑)
とっても幸せ!!

感じる心を磨いていきたいです。
そしたらもっともっと多くの人ともつながれるんでしょうね。


>真ん丸お月さんを眺めつつ、おくら納豆つまみに焼酎ロツク

今度仲間に入れてくださ〜い!
焼酎ロックで乾杯(笑)
Posted by ■幸せ論 総-7■のん at 2005年08月21日 14:08
ろゆふさん、こんにちは!

漢字って、深いですねー。
「光」という字を思い出しました。あれも、火炙りの刑にされる人の形、その燃える様から来たという事をどこかの本で読んだ事があるのを思い出しました。

>「しあわせ」なのか、否か、すべての答えは自らの中にあるのでせう。

そうですね、自分の捉え方次第。
これからも、めぐり合わせを大切にしていきたいと思います。
Posted by ■幸せ論 営-10■複写長 at 2005年08月21日 15:06
とても興味深い内容の記事でした。
思いがけずにやってくるからこそ「幸せ」なんですよね。
予定していた通りの事が予定通りに出来たからといって
そこからは「幸せ」という感情は生まれない。
そう考えると、やっぱり生きているということは
予測不可能なものの連続であり
その一つ一つをどう捉えるのか。
「現在」の意識がどう解釈するのか。
「幸せ」と感じるかどうかは
「現在の自分の精神が元気かどうか」にかかっているのだなぁと
思いました。
Posted by akaboshi07 at 2005年08月21日 15:07
お初のコメントでございまする。
営業カテの太田と申しまする。

流暢でおわしますなぁー。

新しい世界を発見すること。

アーティスト(という表現でよろしいか?)
はそうでなくてはいけませぬ。

時代を切り開く魂のこもった作品を、
これからもお創りになってくだせぇ。

以上。ヘンテコな日本語でごぜぇましただ。
Posted by ■幸せ論 営-2■太田 at 2005年08月21日 15:10
仙人さま〜。
復活ですなぁ。
お帰りなさいませ!!

相変わらず「禅」を感じるでございまする。

>「しあわせ」は与えられるものではなく、自分自身で築くことではないかと思ふのです。

まさしく!!

僕もそう思うであります。

ただ僕は、幸せを与える事で、自分自身が幸せになっちゃうバカなので、のんきなもんです(笑)

ろゆふさんも「書」を通して皆さんに気が付かないうちに「幸せ」を与えてますよ!

だってそこには日本ならではの「美」がありますから。

「書はココロ」

ろゆふさん。大好きです!!
Posted by ■幸せ論 専-5■NONBOOなり at 2005年08月21日 15:47
真ん丸お月さんを眺めつつ、おくら納豆つまみに焼酎ロツク

たまりません
想像するだけでヨダレがイヤイヤ
幸せが溢れてきます

「思いがけない倖せ」
「めぐり合わせ」、「事の成り行き」

自らの器と出来事の受け止め方に
喜び、悲しみ、時には地団太踏みながら
人は生きていくのでしょうね

酒を片手に月と語らう
幸せである事を噛み締めるには
最高なシュチュエ-ションだなーと
思いました(笑)
Posted by ■幸せ論-ア-4■仲宗根 at 2005年08月21日 16:22

ろふゆさんはじめまして。

M a kです。

JUKからいろいろお話聞かせてもらってました。

なんか幸せもデイープな世界にはいってきたな・・・。(笑)

サイコーーです!!

ろふゆさんのアーティスティックな内容に感動しました。

ありがとうございます。
Posted by ■幸せ論 ア-6■ M a K at 2005年08月21日 18:02
ろゆふさぁぁぁぁぁぁん♪♪
ひゃ〜ココに来たの久しぶりぃ〜♪
嬉しいです★
ろゆふさん、聞いて。
今、色んな幸せ巡りしてきたでしょ〜。
でね、幸せと不幸について書いてある人たくさんいてさ、思ったんです。
久々に『不幸』という字を見た(驚)
小学校の漢字テストとかそれ以来じゃないですか?
私の中に不幸って言葉はなかった事にビックリ!
そんな私は常に『幸せやろ〜』です★テヘ。
まさしく!
すべては自分のこゝろ持ち次第。
ですね。

ありがとうございました〜!

ろゆふさん、一応トラックバックしたけど、お休みあがりで忙しいだろうから、私の所には来なくて大丈夫ですよ〜。
私はろゆふさんがいらっしゃるだけで幸せですから!
Posted by ■幸せ論 総‐8■CHIK at 2005年08月21日 18:17
こんばんは。

んんん、視点が違いますね。
広い視点から物事を捉えている感じがしました。

機会があれば許されるのであれば、じっくりお話したい気持ちになりました。

これからもよろしくお願いします。
Posted by photo-courante幸せ論 専-9 at 2005年08月21日 19:13
素が嫌です。先ほどはコメント、
ありがとうございました♪

ろゆふさんのコメントが自分の幸せ論の
核心を射抜いたものだったので、
コメント欄にて
クローズアップさせていただきました。

こころから感謝です☆
Posted by ■幸せ論 営−5■ 素が嫌 at 2005年08月21日 19:42
やはり字で来ましたか!!!
ろゆふさんの言う思いがけないことで
「墨の滲みが思いかけず、なかなかの出来であったコト」
これ、凄い分かります。
いくら練習しても、上手くできなくてふと適当に書いてみると上手くいく・・・みたいな。笑
思いがけないことはたくさんありますがそれは新しい挑戦になる良いきっかけなのかもしれませんね☆
なぜかTBの調子が悪いので後ほどさせていただきますね。
Posted by ■幸せ論アー5■望月苺 at 2005年08月21日 20:09
ろゆふさん、お疲れさまで〜す!!

「しあわせ」という言葉について、あまり考える
ことなく、自分の持ち合わせの意味だけで持論を
展開したことに、ちょっと反省しました。

でも、この61人で自分の足りないところを全員が
補足してくれているような気がします。

>時には委ねることも必要なのでせう。
どーしよーもない時はありますよね。その時は、
じっとしているのがいいとも僕も思います。

今日の月も妖艶でいいねっ。ただ、呑みすぎ
ちゃうとこれからのコメントがだらしなくなる
から、ほどほどにしとこー(笑)

ではまたねぇ!!
Posted by ■幸せ論 経−1■ かわけん at 2005年08月21日 20:13
ろゆふさん・・遅くなってごめんね!!

逢いたかったよん〜・・^^

でも・・やっぱろゆふしゃんは独特の世界をお持

ちで「ホッ!」としやした。

時に委ねる事も確かに必要だね。今の自分の位置

が分かれば・・自分でどうするべきか決めれば良

いんだよね。幸せは自分の側にあるんだよね。

◎今回の小休止もとても大切な決断と実践だった

と思うし魂の書に更なる挑戦を続ける姿はお手本

にせねばと思うよ!ちなみに当方の手元はチリ産

のシャルドネワインとブルサンチ−ズっす〜^^

ワイン
Posted by ■幸せ論 専−1■たたみ屋つよし at 2005年08月21日 21:25
ろゆふ様

はじめまして。(いつになくかしこまっている私)
実は、ろゆふ様のお名前はそこかしこで拝見して
おり、とても気になっていたのですが、この頃
ブログをお休みされていたとのことで、今日の日
にコメントさせて頂くのを楽しみにしておりました!

さすがです〜、なるほどです〜、
「幸せ」とは元々、良い事も悪い事もすべて
含めてだったのですね!
だとすれば、身の回りに起こった良い事も
悪い事も含めた全ての事象を、
現代で言う「幸せ」と捉えてみてはどうか?
と思うのは、楽天過ぎる考え方でしょうか?(笑

ろゆふさんらしい幸せ論、大変勉強になりました。
(あれ?”様”から”さん”になってる?笑)
ありがとうございます♪
Posted by ■幸せ論 営-9■営業女 at 2005年08月21日 22:07
はじめまして

士業カテ-3の行政書士の比嘉と申します。
JUKさんのブログで以前からお名前は拝見しておりました。

幸の起源、今回初めて知りました。
私は幸せって「し合わせ」だと思ってます。
お互いがお互いに対して行動し合う、そして認め合う。
これこそが幸せの姿なのではないでしょうか。
1人勝ちしても不幸な人っておそらくこれが欠けているのだと思います。
幸せになりたければ「し合う」を「合わせる」
自分の目標です。
Posted by ■幸せ論 士-3■ 比嘉晃司 at 2005年08月21日 22:22
 士業カテで参加しましたやまだです。

 すごく勉強になりました!
 「幸せ」って奥が深いのですね。

 書を拝見するだけで、ココロがすぅ〜っとして「幸せ」があふれてくる気がしました。
 人の手で書いた文字のあたたかさを感じました。
Posted by ■幸せ論 士-8■やまだ経営労務管理事務所 やまだ at 2005年08月21日 22:56
8月21日 23:35分を持ちまして
めでたく 「61発」の花火全てがあがりました事
ご報告申し上げます。

今回は前回にも増して
「幸せ」というテーマの下
本当に色々な「幸せ論」が展開され

とても充実した「時」を皆さんと迎えられました。

これを良い機会に、参加者の皆様と
親睦を深めて下さると幸いに存じます。

なお「長瀞」の後夜祭にご参加頂ける方は
その節も宜しくお願い致します。

皆様、本当にありがとうございました!!!
Posted by ■幸せ論 総-1■ 望月 at 2005年08月22日 00:06
ろゆふさーーーーん!!

オレ、メチャクチャ感動しました!!
トップの「ブロガーの和」の作品に、
しばらく硬直してしまいました!!

もう、これ見れただけで、幸せです。

でも、ほんと良く調べましたよね?
これだけの事を調べるのは、
ほんと、大変だったと思います。

幸せ論、お疲れ様でした!!!
今度は長瀞で会いましょう!!!
Posted by ■幸せ論 営-1■ 篠崎 at 2005年08月22日 00:19
そうそう、
トップページ直りましたね?

よかったよかった・・・。
Posted by ■幸せ論 営-1■ 篠崎 at 2005年08月22日 00:23
【途中経過報告其乃弐】ろゆふ与利

皆様、大変にお疲れさまです。
こんなにも、丁寧で温かいコメントを数多く頂戴致し、心より御禮を申し上げます。

やはり、六十一人という数は凄いですねイ。
当方としましては、できる限りの皆様の「幸せ論」をじっくりと拝読させて戴き、コメントをさせて戴きたいと思っております。當コメント欄はまだ御返事できてはおりませんが、すべて拝読させて戴いております。順次御返事はさせて戴きますので、お気兼ねなく残して下さいませ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 01:17
こんばんは!やまぐちです。

かなり勉強になりました。

>「めぐり合わせ」

いい言葉ですね。

きっと人生の中で、重要なファクターを
しめているかもしれません。

僕も「ご縁」を大切にしながら、多くの人たちに
与えられる人間になるとあらためて誓いました。

多きな「氣づき」をありがとうございました。
Posted by ■幸せ論 経-9■ やまぐち at 2005年08月22日 01:27
ろゆふさん!!

昨日は本当にありがとうございました!
同じカテゴリーから出れてうれしかった!!

そんで、昨日望月さんから連絡があって
アーティストカテゴリーが一番最初に
全員が記事をアップしたんだって!!

俺、マジで感動しちまいまして、
アツいもんがこみ上げてきましたよ!!
みんなが真剣にこの企画に参加してくれてるのが
同じカテの人間としてメッチャ嬉しかったんす!

最高の感動をありがとうございました!!
そして、忙しい中お疲れ様でした!!

これからも宜しくね!ろゆふさん!!
Posted by ■幸せ論 ア-1■ JUK at 2005年08月22日 02:43
おはようございます。

幸せにも色々な感じがあり、幸せの感じの出来るまでの由来は
正直・・・・愕然としました・・・・
でも、全てに陽と陰があるって事ですよね?
ろゆふさんの記事を読んでそう思いました。って
いうか皆さんの記事を読んでいてそう思いました。

>すべては自分のこゝろ持ち次第。

これですよね。自分に言い聞かせながら、読み眺めました。
これを本当にわかっている人が、色々な方に幸を
届けられるのでしょうね。僕もこのこと忘れずに
毎日を過ごします。どうもありがとう。
いつかお会いできる時を楽しみにしております。

Posted by ■幸せ論 ア-2■FukuFuku at 2005年08月22日 07:44
>小井沼克彦さま

いやはや、大変にお疲れさまです、、
お目を通して下さり、有難う御座居ます。

皆さんの「しあわせ」論を色々と拝読させて戴いて、やはり思うのは、自らの中で「倖せ」と感じ受けるか否か、感受性が大きく響いてくるのではないかということでせうか、、

文字については、先人の世界観か垣間みれて、興味深いものがあります。此の点から云うと、時代背景により、「倖せ」への感受性は変化してきたのでせうね、、
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:06
>望月さま

でっかひ花火が上がりましたねイ、、、
総指揮者として、方々へ気を遣われたことと思います。大変にお疲れさまでした!

「倖せ」と「不倖せ」
紙一重だけに、自らの精神の持ちやふによって、いくらでも様変わりするということなのかもしれませんねイ、、
ささやかな悦びを「倖せ」として育める心を持つということは、素晴らしいことですね、、人の教育として、かなり大切なことではないかとも思ふのです。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:14
>かずみさま

やふこそお越し下さいました。
お初にコメントを下さった場で、いきなり驚かれたのではないかと存じますが、、、有難う御座い升。

素敵な詩にも厚く感謝申し上げます。
当方の拙い駄文では潤いも、すぐさま乾いてしまいさふで、些か心配ではありますが:笑、、今朝は御水を注がれましたでせうか?

焼酎片手にお月見は好いですよふ。是非御愉しみ下さひ。昨夜のぼんやりお月サンもなかなか味でありました。

またお気軽に遊びにいらして下さいませ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:22
>小山内 怜治さま

やふこそお越し下さいました。
また、大変にお疲れさまでした。凄い企画でしたねイ、、、

確かに、、ご自身で起業されると、個というものをつよく実感し、自分自身が浮き彫りとなりますから、自らの器について、深く考えるやふになりますねイ。
起業はやはり自らの「倖せ」の為となるのでせうが、実現の為に個としての許容量を拡げたい、が、この中に於いても、時には葛藤も生まれますね、、個の起業は好き嫌いを云っていられない場合もあるやふに感じますが、この部分は自らの器次第で、如何様にも受け止め方が変わってしますものねイ、、、

深いことだな、、と改めて。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:32
>ハカイダー伯爵さま

昇天されましたでせうか、ハカイダー様。
大変にお疲れさまでした。

嗚呼、すべては巡り合わせ、事の成り行き、「為合わせ」により、私目とハカイダー様の御縁も、開花致しましたこと、此の「倖せ」を末永く大切に育んで参りませう。

時折、お人柄がホロリと丁寧語を零されるハカイダー様は、なんとも微笑ましく、今後とも何卒総変質ぶろがーらに愛され、時に弄ばれ、「倖せ」を育まれんことを切に願ふ所存に御座い升。

奥様との深い愛の軌跡の物語、今でも感動が蘇ります。

タイセツニシヤガレー:笑
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:47
>三角みづ紀さま

やふこそやふこそー。
お疲れさまでした。
JUK君、そんな表現して居りました?:爆
カカカ。

今回、様々な詩の形で「倖せ」を垣間みることができたことは、とても興味深かったですねイ。
「倖せ」は感受性そのものであるだけに、詩という形は一番直結しやすいですね。素敵な企画でありましたし、こうやって、みづ紀サンの詩に触れることが出来ましたコト、「幸甚」でありました。
またお気軽に遊びにいらして下さいねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 09:53
>エージェントSさま

やふこそお越し下さいました。
お疲れさまでしたー。

曾御爺さまは水墨画をされていたのですね、、何か御縁もあるのかもしれませんね、、コレを機會に気軽に筆を持ってみるコトも悪くないと思いますよ:笑

思いつく侭に、ツラツラと書き連ねた「幸せ論」で、お恥ずかしい限りでしたが、少しでも何か気に留めて頂けることがありましたら、幸甚、、まさに、この瞬間の「倖せ」ですね:笑

またお気軽に遊びにいらして下さい。
今後とも何卒宜しく御願い致します。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 10:05
>素が嫌さま

大変にきめ細やかな「幸せ論」への御対応、大変に感心致しておりました。充実した心に残る記事やコメントの数々、有難う御座いました。

器は育てるもの、またひとりひとり違うもの、、自分自身で納得できる形を時間を掛けて、創っていけば好いのではないかと思っております。
人と接することにより、更に刺激を受ける等、深みも加われば、違った色が混じり、変化を遂げていくこともあるでせう。

此の器の中に入った水は、自らの心の持ちやふで、波も立つし、蒸発してしまうこともあるでせうし、零れてしまうかもしれません。水は自らの心を投射しているのかもしれませんねイ、、

更に考えさせられる御言葉に感謝デス。
長瀞は参加されるのでせうか? 直接色々と御話できましたら、嬉しいデス。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 10:19
>refs DESIGNさま

やふこそやふこそ。
暫しの無沙汰の後の此の深さ、当方暫し口開きっぱなしで御座いました:笑
兎にも角にも、お疲れさまでした。

「倖せ」と云いましても、具象のものではないだけに、皆様の様々な「倖せ」を感じることができて、大変に興味深い企画でしたねイ、、refs DESIGNサンの







には大受けさせて戴きました、また楽しませて下さいまし、宜しうに:笑
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 10:30
>みぃさま

やふこそやふこそー。
暫しの無沙汰してしまいましたー、みぃサン、活発な御様子、なによりなにより。

当方、もともと「仕合わせ」のほうに、引っ掛かりがあって、今回、改めて振り下げる好機となったことは、この企画に感謝デス。ワタクシ目自身は掘り下がってはおりませぬがー、わはは。

みぃサンに一目置いてしまふのは、やはり絶えず自分だけでなく、小僧君に目が向くということですよねイ、、自然なことかもしれませんが、やはり母の愛は深ひー:笑
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 10:43
>のんさま

鷺組のんさあああああああああんツ
やふこそやふこそ。
無沙汰でした、のんサンも新しいお仕事始まったやふで、なによりなにより。

のんサンとの巡り合わせも、ひとつの得難い「倖せ」ですねイ、大切にしていきませう。
繋がりも広がるか、否か、深まるか否かも自分次第ですねイ。
今回、改めて考える素敵なきっかけでしたナ。

お疲れさまでしたー。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 10:51
>複写長さま

やふこそやふこそー。
漢字を紐解いていくと、先人の思想等が垣間みれて面白いのですよねイ、、ハマりますよ:笑
中国で発祥した後に日本へ渡って、もともと日本人が持っていた「しあわせ」の世界観と「倖せ」の世界観が育っていったワケですが、此処がかなり興味深いのですよね、、日本人がもともと持っていた「しあわせ」観を紐解いていくと、新たなものの見方を感じることができるのかもしれません、、

ははは、理屈臭くなってしまひましたー、謝
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 11:07
【途中経過報告其乃参】ろゆふ与利

ゑゑ、此れより本日の仕事に戻ります。
また合間みて後程引き続き御返事致し升。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 11:16
>akaboshi07さま

やふこそやふこそ。
御無沙汰致してオリマス。
お越し下さり、嬉しく存じます。

物事が自らの元へ訪れた際の感受性により、其れを「倖」と受け止めるか、「災」と受け止めるか、変わってきますね、、
「器」の状態によりけり、、と思ふのは、この点でせうか。
この世は本當に何が起きるか分かりませんので、いつ、「器」の中に予想だにしなかったものが転がり込むか、分からない、「器」の状態は自らの心の有り様で、いくらでも変わるのではないかと思ふのですね。

お目を通して下さり、感謝。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:04
>太田さま

やふこそお越し下さいました。
昨日は本當に盛り上がりましたねイ、、、
お疲れさまでした。
御高覧、有難う御座います。

どの世界の方でも、
やはり前を向いていれば、
おのづと前進したくなるのは、
自然なコトですね。
ただ、闇雲に前進するのではなく、
過去も省みつつ、新しい世界を
築けたら最高ですね。

御言葉、恐れ入り升:笑
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:11
>NONBOOさま

やふこそやふこそー。
昨日はお疲れさまでしたー。
様々な「しあわせ」論、楽しませて頂きましたねイ。

>幸せを与える事で、自分自身が幸せになっちゃう

最高ではありませんかイ!:笑
此れが基本ではありませぬかねイ。
NONBOOサンの割烹、
皆に愛され、「しあわせ」を齎す本質ものの料理人としての腕を上げていかれるコト、楽しみな次第。

静岡の空にもおっきな花火上がりましたな。

御言葉、有難ふー。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:39
>ヒロシサン

やふこそやふこそ。
昨日はお疲れサンでした。
沖縄では真ん丸お月サン、見えましたかな。
コチラはボンヤリではありましたが、それなりの風情がありましたなー。

ほんの日常に転がっている「しあわせ」は山のやふで、其れに気づくか否かの違いのやふな気がしますねイ。

併し、皆さん、本當にそれぞれの切り口で綴った「しあわせ」論は興味深かったですね、、

流木サンに宜しうにー。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:46
>M a Kさま

やふこそお越し下さいました。
昨日はお疲れサマでした。

否否、アーティステックなどとはめっそーも無い:笑
なんやら、まとまりのない文章となってしまい、お恥ずかしい限りデス。

併し、もみあげらっぷはやはり今でも吹き出しまする:爆
これぞ「しあわせ」ですよねイ、、、、
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:53
>CHIKさま

やふこそやふこそー。
暫し御無沙汰しちあたよー。
久々のCHIKサン、当方も嬉々と致してオリマスルゾー:爆

CHIKサンの持つエネルギイは「しあわせ」そのものですな。
やはり気持ちの持ち方なのですよねイ。
CHIKサンは其れが自然!
今回、改めてひとりひとりの個性がとても明るみに出て、とても興味深かったですなー。

お疲れサマー!
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 21:59
>photo-couranteさま

やふこそお越し下さいました。
昨日はお疲れさまでした。
皆さん、十人十色で、面白い企画ですよねイ、、

多少の切り口は違ったところがあるかもしれませんが、突き詰めると皆さん、共通した価値観のもと、綴られていましたね。
まだ伺えていない頁も多いのですが、ゆっくりと時間を掛けて拝読させて戴きたいですね。

今後とも宜しく御願い致します。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:06
>素が嫌さま

再び御来訪、感謝デス。
拙文をくろーづアップとは、なんとも恐縮です。
素が嫌さんの頁の充実ぶりはもの凄いですねイ、、
何日か掛けてゆっくり拝読させて戴きます。

お疲れさまー。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:09
>望月苺さま

やふこそー。
お疲れサマ。
凄い一日でしたねイ:笑

併し、、今回の企画も思いがけなかったですな。
様々な業種、年齢等、越えて、様々な「しあわせ」論に触れる
という機会はさふさふないでせう、、
当方にとって、苺サンの「しあわせ」の想いは、とても新鮮でした。感謝デス。

此れからも宜しうに。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:16
>かわけんさま

やふこそー。
でっかひ花火、上がりましたねイ、、
大変にお疲れさまでしたー。

流石、六十一人も居ると、「しあわせ」も満杯状態ですね:爆
本當に凄い企画。一週間くらい掛けて、じっくりと再び読み返す等、其れだけの価値はあるでせう。

かわけんサンの実体験からくる「しあわせ」論はやはりかなり響くものがありましたよ、、経験したからこそ、今なら感じられるということは確かにありますね、、呆ケだなーと自らは思いますけど:笑

亦、来テネー
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:25
>つよしさま

やふこそー。
お久しぶりとなってしまいましたなー。
昨日は大変にお疲れさまでしたー。
もの凄いコトになりましたねイ:爆

いやはや、コレですっかりぶろぐ冬眠、目が覚めましたよふ:笑
併し、、暫し距離を置くということも、見え方が変わり大切なことでもあると感じますねイ、、此れからはあくまでも質を重視していきたいと思いまする。

つよしサンの想いを伺っていると、「しあわせ」になりますねイ、、そんなエネルギイを感じますぞ。

併しツ、つよしサン、随分と粋な夕べをされていたのですな、、むむむむむむー、呼んで下さひよふ:笑
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:33
>営業女さま

やふこそお越し下さいましたー。
ようやく御挨拶できて、当方も嬉しく感じてオリマス。
以後、なんとぞ宜しうに御願い致しますー。

そもそも、何が「ふしあわせ」でなにが「しあわせ」なのか、物差し等ないですものねイ、、すべては捉え方次第、多少都合の悪いコトであっても、其れを「肥やし」にしてしまうことも自分次第。そんなモノですよねイ。

「さま」などめっそーもなひ:笑
以後テキトーにお呼び下さいまし。
また遊びにいらして下さいねイ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 22:39
>比嘉晃司さま

やふこそお越し下さいました。
昨日はお疲れさまでした。

お互いを認め合う中に生まれる「しあわせ」、、ひとりよがりでない全体を見渡せるからこそ、和が生じる、、大切なことであると思います。
ついつい,自分の欲望、物欲に捕われがちなのが、人間の業なのでせうね、、

「し合わせ」の言葉、深いです。

今後とも宜しくお願い致し升!
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 23:38
>やまださま

やふこそお越し下さいました。
御高覧、有難う御座居ます。

皆さん、それぞれの「しあわせ」論、素敵でしたねイ。
時間の関係でまだ回りきれていないので、少しずつ伺いたいと思わせて下さる企画に感謝ですね。

「しあわせ」はなにげないことなのでせうが、まとめが出来ずにタラタラと連ねてしまいましたが、好い勉強にもなりましたねイ。

今後とも宜しくお願い致します。
Posted by ろゆふ at 2005年08月22日 23:46
ろゆふ先生、お帰りなさい!
幸せ論読ませていただきましたよ。

う〜ん、人柄が出てますね〜。
それがこのコメントの数ですね〜。

ブログの方はぼちぼちやっていってくださいね。
Posted by なかむら at 2005年08月23日 00:28
>望月さま

総監督さま。
大変にお疲れさまでした。
いやはや、六十一人という大スケールのもと、一同が綴る「幸せ論」、大変に充実したものでした。
時間をかけて、またゆっくりと皆さんのところへ伺い、拝読させて戴きたいと思いますねイ。コメントからすべて含めたら、壮大な「しあわせ」論ですよねイ、、、

それにしても、望月さんの全参加者へのお気遣いは大変なものであったと思います。
心より、御礼を申し上げます。

次は長瀞で祝杯ですねイ!
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 00:35
>篠崎さま

やふこそー。
大変にお疲れさまでしたー。
凄かったですなー、楽しかったですねイ。

イヤハヤ、御高覧に御言葉、感謝デス。
篠崎サンの「幸せ論」書も素敵でしたー。

文字の源、言葉の源は調べていくと、やめられなくなりますよ、目から鱗落ちっぱなしです。仕事としている者としては、コレくらいは知っておかないと、逆にイカンところもあるですよ、、:笑

長瀞で祝杯ですなーーーーーーー!
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 00:44
>やまぐちさま

やふこそお越し下さいました。
凄い企画でしたねイ、、お疲れさまでした。

「めぐり合わせ」を自分のひとつの糧としていくことが、また大変に貴重なことなのでせう、、
今回での皆様との出逢いも、大切な御縁、育んでいきたいですねイ。

今後とも宜しくお願い致します!
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 01:02
>JUK君

お疲れさまでしたーーーーーーーーーーーーー!
アーティストかてごりい班長としてのJUK君の御活躍とお気遣い、流石でしたよ、有難う御座いました!
当方も、完全まいぺーすでしたから、何のお手伝いもできず仕舞となってしまい、申し訳なかったデス。
併し、皆さんの充実した「幸せ論」、これは皆の想いの終結ですな。素晴らし也素晴らし也、、拍手!

取り敢えず、ひと休みして:笑、また楽しみませうねー。
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 01:08
>FukuFukuさま

やふこそー。
暫し御無沙汰してしまいました、、
お疲れさまでしたー!
ものごとすべて見方を変れば陰でもあるし、陽にもなりうるのでせうね、、また絶えず変化するもの、一見好ましくないことでも、移り変わり、転化もしていくのでせう、、

自らの心が見えてこそ、周囲にも自然に「しあわせ」は伝わっていくものと思います。実際なかなかきちんと自分の内面を見つめる時間がつくれずに、日々過ごしてしまう、、当方も心せねば、と思ったりする次第デス。

一日も早く、FukuFukuサンにお逢いしたひですーーーーツ。
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 01:21
>なかむらさま

御晩ですツ。
御来訪、有難う御座います。
お報せせねばーと思ふておりましたが、ハハハ、この企画、予想を遙かに越えてしまったので:爆

「しあわせ」論、お目を通して下さり、感謝デス。
次回はなかむらさんも、、如何ですか?:笑

此れからはのんびり更新となりますが、変わらぬご贔屓の程、御願い申し上げ升。
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 01:26
おかえりなさい。凄いねここの熱気!とても充実した日々を送られたようで、小僧まで嬉しくなり、はたまた元気になるのは、蜜柑ちゃんのお人柄だねい!幸せ論、素敵でした。寂聴さんの穏やかな、法話を聞いているみたいで、、そうだそうだとつぶやいていたり。文字を書かない書すごいね!それ。墨象的なものなんだろうか?いやいやたのしみだねー。なにはともあれ、おかえりなさいましぃーーーー。ばんぜい、ばんざい!
Posted by 小僧 at 2005年08月23日 02:24
>小僧はま

うほーひ、小僧はま、いーらっさひませ。
朝からドタバタで御返事遅くなりました。
いやはや、お恥ずかしながらの「しあわせ」論、お目を通して下さり、感謝デス。
凄ひ企画ですよ、ハイ。日頃改めて綴ることというはない御題ですから、かなり刺激的でした。

文中に触れている墨表現の話し、このぶろぐからの御縁で新しい試みをさせて戴くコトになった次第です。好い経験となりさふ。またいづれ御話させて戴きますねい。

うほーひ!
Posted by ろゆふ at 2005年08月23日 15:18
先ほどは早急なるメールのお返事有難うございました。相互リンク作業のほうが完了いたしましたのでご報告にあがりました。

お暇なときにコメントでも頂けるとこれ幸い。


それでは。
Posted by Hikowski at 2005年08月24日 02:40
いまさらのコメントですいません(_o_)

「幸」の字の成り立ち、初めて知りました。
重い刑罰でなくてありがたい
という意味ですか。

どの場所に立って見るかで、しあわせという
ものが変わることがよくわかりました!
Posted by ■幸せ論 士-9■起業コンサル 四ッ柳茂樹 at 2005年08月24日 15:01
>Hikowskiさま

先日はメイルを有難う御座いました。りんくの結びも、大変に嬉しく。今後とも何卒宜しく御願い致します。

なんと、Hikowskiサン、早速『神さまがくれた漢字たち』、読了されたのですねイ。感激デス。興味深い内容ですよねイ。當頁でも後日紹介する価値ありますね:笑
有難う御座居升。
Posted by ろゆふ at 2005年08月25日 00:12
>四ッ柳茂樹さま

やふこそお越し下さいました。
いえいえ、私目も、まだすべてお邪魔できずに、目下少しずつ拝読させて戴いている次第です。お目を通して下さり、感謝デス。

「しあわせ」というものは角度を変えるとまた違っても見えますね、、それだけに、此れだけの人様々な「しあわせ」論が展開されたのだと思います。興味深かったですねイ。

お疲れさまでした。また、お気軽にお越し戴けましたら、幸いデス。
Posted by ろゆふ at 2005年08月25日 00:24
初めまして♪
色子と申します。
ろゆふさんについては篠崎兄さんから伺っておりました。いつも素敵な字をお書きになるな〜と感動しておりました。
私も書道が大好きで、専門学校の特待生試験での面接時に天井から床まである半紙に筆で文字を書き将来インテリアと書道を融合させたいといって合格した思い出なんかがあったりします。笑
幸せは自分で築くもの・・・共感いたしました。
また遊びに来させていただきたいと思います。
Posted by 色子 at 2005年09月01日 20:06
>色子さま

やふこそお越し下さいましたー。
しのサンや、JUK君よりお噂は伺っております。
御来訪、感激にて感謝デス。

うはは、流石、色子サン、面白いコトされていますなー。
當頁名宜しく、インテリアと書道の新しい融合の提案は当方が望む処であります。色子サンのご活動、とても興味を抱かせて頂いている次第、今後とも何卒宜しくデス。

また、お気軽に遊びにいらして下さいましねイ。此方からも、後程伺わせて頂きますー。
Posted by ろゆふ at 2005年09月02日 15:56
生は長い目で見て初めて不幸なことも自分の糧に

なっていくんだと言うことがわかる

そしていつの頃からか人生は自分の手で切り開いて

いけるものだと理解する。

自分で選んだ道だから

時には全て投げ出したくなって自暴自棄になることも

藻掻き苦しんだとしても、歩いていけるのだと思う

出来損ないでどうしようもない自分も全部ひっくるめて

誰でもない私の人生...

人の体は、目も耳も手も足も全て前へ進むために

作られている、後ろ向きのものなどひとつもない

後は心を前に見据えて進むだけ

明日の自分のために...
           by norin♪
Posted by 元気配達便norin♪ at 2005年09月04日 16:47
>norin♪さま

やふこそ、お越し下さいました。
御返事が大変に遅くなり、申し訳ありません。
素敵な「倖せ」の御言葉を有難う御座居ます。
生を頂戴している中で、起きうることは、すべてに意味があり、如何に受け入れることができるやふになるか、此の成長過程が大切なものなのでせうね。

コチラからも、伺わせて頂きます。
またお気軽に御立ち寄り下さひ。
Posted by ろゆふ at 2005年09月06日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■幸せ論 ア-8■
Excerpt:  さて今日は幸せということについて、少々筆を進めたいと思います。そもそも、幸せとはどういった状態をさすのでしょうか。私が思うに、幸せとは、精神的に高揚したときの状態、つまり精神的なものです。ですから、..
Weblog: Roan's Cabin --don't think twice, it's all right--
Tracked: 2005-08-21 01:48

■幸せ論■ 営‐7
Excerpt: こんにちは! 今回は、61名のブロガーが「共通テーマ」を同じ日に一斉に公開する大イベント ブロガーを繋ぐ「輪(和)」の第2回共通テーマ【幸せ】 に参加しておりますので、私なりの【幸せ】を論じたい..
Weblog: 幸福な人生を探そう Are You Happy?
Tracked: 2005-08-21 02:15

■幸せ論■ 営‐7
Excerpt: こんにちは! 今回は、61名のブロガーが「共通テーマ」を同じ日に一斉に公開する大イベント ブロガーを繋ぐ「輪(和)」の第2回共通テーマ【幸せ】 に参加しておりますので、私なりの【幸せ】を論じたい..
Weblog: 幸福な人生を探そう Are You Happy?
Tracked: 2005-08-21 02:16

■幸せ論 ア-1■
Excerpt: 今日子猫は泣きました お父さんに叱られて 涙で体がずぶ濡れです お母さんに甘えてみたけど 今日はお母さんも味方をしてくれません 子猫はもっと泣きました 悲しくて悲し..
Weblog: ○○○ JUK flavor words ○○○
Tracked: 2005-08-21 03:09

■共通テーマ「幸せ論」 総-1■
Excerpt: 素敵な花火があがり続けてます・・・。61名の「幸せ」を読み比べ、たくさん「HAPPY」になってくださいね!
Weblog: 反響道-儲けるポスティング著者の日記
Tracked: 2005-08-21 03:12

■共通テーマ「幸せ論」 士-1■
Excerpt: どうやって「幸せ」になるか?それはその人次第。でも忘れはいけないことがある。それは「不幸」の存在。
Weblog: 行政書士丸儲け・・・契約書専門行政書士の大躍進の日々。
Tracked: 2005-08-21 04:38

■幸せ論 総-4 ■ エージェントS 国際社会を巡る
Excerpt: 皆さんは日々の生活の中で、“幸せ”って感じていますか?
Weblog: エージェントS 国際社会を巡る
Tracked: 2005-08-21 07:40

■幸せ論 士-4■
Excerpt: ブロガーを繋ぐ「輪(和)」 第2回共通テーマ「幸せ論」開催します! と言うことで、 今日のテーマは”幸せ”。 "幸せ" それは、なるもんじゃない! "幸せ" それ..
Weblog: ヤバい行政書士のお仕事依存症!?
Tracked: 2005-08-21 08:38

■幸せ論 経-5■
Excerpt: 柵の中に閉じ込められた一人の男が柵越しにコチラを見ている。そんな写真から始まる幸せ論を創ってみましたよっと。
Weblog: お惣菜革命......夜明けは近い......宝陣よりイザ出陣!!!
Tracked: 2005-08-21 11:38

■幸せ論■ 営−5 『“素が嫌”な人達へ』
Excerpt: 新井さゆりさん から こう指摘された。 >素がイヤさん この名前どうして  付けたのですか?   素がイヤ・・・・なんかさみしいな  このブログ見てると素がいい!でしょ!? >も=3 ..
Weblog: Tales of the Story-Lover
Tracked: 2005-08-21 12:16

■幸せ論 ア-3■ refs DESIGN 〜 デザイン禅問答
Excerpt: . . ■幸せ論 ア-3■ 03 refs DESIGN 〜 デザイン禅問答   だ   か  だ   ら  か  だ   ・  ら  か   ・  ね  ら  ..
Weblog: refs VOICE
Tracked: 2005-08-21 12:22

■幸せ論 専-7■ みぃ
Excerpt: 「シアワセの種はいつでも、どこにでも、転がっている」 まさに青い鳥 私のシアワセの種は、やっぱり足もとにあります 家族や周りの人が何事もなく平和であること 朝起きてご飯を食..
Weblog: 手仕事屋だより
Tracked: 2005-08-21 13:37

■幸せ論 総-7■
Excerpt: {/hearts_pink/} しあわせ {/hearts_pink/} 人は決して一人じゃない 誰ともつながっていないと そう思う心がひとりぼっちなだけで 必ず何かとつながっている 必ず誰..
Weblog: ★★のんきにっき★★
Tracked: 2005-08-21 14:10

■幸せ論 士-5■
Excerpt: 記念すべきブログの300回目の投稿、博多のホテルから書き込んでいます。まずは300回目のお祝いに、コチラをぽちっとしてやって下さいな。で、今日はブロガーの輪(和)の開催日、全国の61名のブロガーが一斉..
Weblog: 社労士の情熱大陸プロジェクト【こいログ】
Tracked: 2005-08-21 14:11

■幸せ論 営-2■
Excerpt: 企画屋が考える「幸せ」 どうも私はいつも二番目です。 前回のプロ論もNo2でした。 企画屋というのは、 一般的、大衆的なものの考え方をする脳と、 マニアックで、誰も考えないようなことを、 空想する..
Weblog: 社内ベンチャーができるまで
Tracked: 2005-08-21 15:18

幸せ論-ア-4
Excerpt: 『幸せ論―自分らしく在りのままでいられる事』―アーティスト カテゴリーNO4 旅先でバイトを探す時は、履歴書の住所の欄に○○公園と書いていた 面白がって雇ってくれる優しい人たちと出会えた 凝り..
Weblog: Sketches Of Goles−Character design 100
Tracked: 2005-08-21 15:43

■幸せ論 専-5■
Excerpt: 第二回ブロガーの輪初参加!! ○△□のNONBOOです!! 皆様どうぞお手柔らかに、よろしくお願いします!!
Weblog: ○△□ NONBOO WORLD □△○
Tracked: 2005-08-21 15:47

■幸せ論 総-8■
Excerpt: 私の幸せ 大切な仲間と一緒に居る事。 お酒を飲む。 美味しいモノを食べる。 洋服を選ぶ、着る。 お給料、ボーナスをもらう。 買い物をする。 エステに行く。 温泉に入る。 海外..
Weblog: ☆CHIKCHIK TIME☆
Tracked: 2005-08-21 18:12

■幸せ論 ア-6■
Excerpt:                    『幸せ論〜ギャグ匁的な生き方〜』 好きだった人にフラれて、夕暮れの公園でカラスの鳴き声を聞きながらブランコに乗りヒロシ兄さんに電話した事・・・・。(死ぬほど..
Weblog:        M a Kの音楽制作スタジオ
Tracked: 2005-08-21 19:36

■幸せ論 専-1■
Excerpt: こんちは、たたみ屋つよしです! 今日は・・満月〜!! ワゥォォ〜ン・・・・(笑)   本日は第2回【ブロガーの輪(和)】に参加しておりま〜す!   ★共通テーマ..
Weblog: たたみ屋「つよし」の・・ひとり言(和風推進プロジェクト)
Tracked: 2005-08-21 21:04

■幸せ論 営-9■
Excerpt: みなさまこんにちは! 第二回ブロガーの輪。 今回のお題は、「幸せ」についてです。 う??ん、私が幸せだと思うのはどんな時かな?   美味しいものを食べた時、いい映画を見た時、..
Weblog: 表参道ではたらく『営業女』
Tracked: 2005-08-21 21:47

■幸せ論 士-8■
Excerpt:  本日は、第2回ブロガーの輪(和)に参加。    ということで、私も本日は「幸せについて」語りたいと思います。  バイタリティやまだ13号の社労士業務日報の「幸せ論」で、幸せを一緒に感じたい方は..
Weblog: バイタリティやまだ13号の社労士業務日報
Tracked: 2005-08-21 23:07

■幸せ論 士-2■
Excerpt: 人気ブログランキングに参加しています!再びラキング下降気味です…。応援よろしくお願いいたします!!ありがとうございます♪ さて、前回の「プロ論」に続く「ブログの輪(和)」第2弾がついに本..
Weblog: 吉川直子の「ヒト」にかかわる仕事が好き!!
Tracked: 2005-08-22 03:03


Excerpt: 08/21 ランキング
Weblog: artis
Tracked: 2005-08-22 12:56

幸せがいっぱい
Excerpt: 瞬間瞬間に幸せは存在するよ だから 忘れないで今を大切にすることを 人は一日1回でいいから幸せを感じる事が できれば、頑張ることができるんじゃないのかな。
Weblog: 自由空間 〜 Norin’s Page 〜 
Tracked: 2005-08-22 18:37

■幸せ論■ 営‐6助
Excerpt: ついにやってきましたぜ!! 夢の対決!!61名のブロガー大集合!! 共通テーマ「幸せ論」だぜーーーっ!!! 今日は特別だっ!! とびっきりのカーニバルだぜーーっ!! 何と言っても..
Weblog: 常識ハカイダー★島中星輝の『ギリギリ斬りっ!』
Tracked: 2005-08-22 23:48


Excerpt: 08/22 某企業でのプレゼン
Weblog: artis
Tracked: 2005-08-23 02:18

「幸せ論」 営ー2
Excerpt: 幸せ論を語れている自体が幸せなんじゃないでしょうか 自分の現状をそこそこ認識している場合、 少しでもいい事があれば、 "幸せだぁ"とか"ラッキー"とか思うでしょ!! だから人は現状より..
Weblog: ちょっと待ったぁ!!
Tracked: 2005-08-25 13:32

「幸せ論」 営ー2
Excerpt: 幸せ論を語れている自体が幸せなんじゃないでしょうか 自分の現状をそこそこ認識している場合、 少しでもいい事があれば、 "幸せだぁ"とか"ラッキー"とか思うでしょ!! だから人は現状より..
Weblog: ちょっと待ったぁ!!
Tracked: 2005-08-25 13:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。