2005年06月19日

「書を楽しむ」


IMG_5059.jpg

梅雨の晴れ間の日曜日、銀座は伊東屋の前を通りかかると、目に飛び込む「書を楽しむ」の垂れ幕。伊東屋9Fギャラリーにて開催の「実演と体験で知る、書道の楽しみ」。筆の製作、筆書き名刺の実演、文房四宝の展示販売が行われておりました。

今年で三年目という、この企画。書道には欠かせぬ文房四宝の、筆、墨、紙、硯の数々が展示販売。書道用品店ではなかなかお目にかかれない商品も展示されており、目の保養。墨では墨運堂さん、筆ではホウ古堂さんが、直接道具の特徴や選び方等専門的に説明をして下さり、諸々の豆知識を得ることが出来ました。
墨の製造の御話では、練り込みと型入れの重要性、如何に均一に練り込み、しっかりと型入れをすることにより、重みのある墨を作ることが、大切とのこと。古墨の場合と違って、まだ年月のあまり経っていない墨は重みのあるものがすみとしては良質で、割れにくく、紙への浸透性も好いとのことでした。
松煙煤や、油煙煤、膠等、普段目にすることのない原料を見ることが出来たのも、興味深いものでした。

IMG_5049.jpg

ホウ古堂さんのコーナーでは、コレまた普段お目にかかれない、白鷺の羽根を用いた筆もありました。やはり「鷺」にはただならぬ思いのある当方、是非購入したかったのですが、少々高価でありましたので、断念。その他、兎の口髭の極細の筆があり、コチラを購入。弾力があり、なかなかに面白さふ。

「書を楽しむ」
-実演と体験で知る、書道の楽しみ-
2005年6月16日(木)〜23日(木)
銀座伊東屋9Fギャラリー

58e7bd1f.gif
<人気プログランキング>クリツクご協力ヲ宜しくお願い致し升、いつも有難ふ御座ゐます。


posted by ろゆふ at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 御江戸詣リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜、つっ、ついにベスト10入り。みがあんちゃん、おめでとー。今日もクリクリしてまっせ〜。

銀座でのイベント、行ってよかったネ。ホウ古堂の丹羽社長は親切な方でしょう。業界でも古い人なので、いろいろと教わったコトも多かったでしょうな。

兎の口髭の極細の筆、今度見せてくださいまし。
Posted by 敬天齋主人 at 2005年06月20日 10:28
>敬天齋さま

いつも有難ふ御座ゐまする。
なんやら凄ひです、らんきんぐ。
本当に皆様の御蔭様で、感激雨霰(あたくしは古ひ)。

伊東屋さんのイベントは好いですねイ、銀座のど真ん中でかなり目立ちますから、書道普及倶楽部としましては、嬉しいコトですねイ。
ホウ古堂さんの社長さんはいらっしゃらなかったのですが、若い営業の方よりお名刺を頂戴致しました。白鷺の筆は必ずや入手致したく。
兎の口髭の筆、御楽しみにイ。
Posted by ろゆふ at 2005年06月20日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。