2009年05月12日

食遊会 in 横浜三渓園

「横浜の食」の探究、発展のために活動されている、

地元シェフらの集団「横浜ガストロノミ協議会」の方々が、

横浜開港150周年である今年6月に、

横浜の歴史的資産である三渓園にて食の祭典を開催!

その記者発表が、本日行われました。


開港150周年であること、また、

横浜市とフランスのリヨン市が姉妹都市を提携して

50周年という節目の年に、

ペリー来航時に饗された『饗応の膳』をヒントに、

2009年版の新しい饗応の膳をもてなします。

その他、数々のスペシャルな企画が用意されています!


このイベントのタイトル『食遊会』の題字と、

『饗応の膳』の場となる三渓園鶴翔閣に掲げる

書の揮毫制作を担当させて頂きました。


横浜ガストロノミ協議会のシェフの方々は、

市内の小学校などでの食育や、

ボランティアなどの活動を通して、

和・洋・中という料理のジャンルを越えた

横浜の食を未来にアピールしていくことを

勧めております。


今回、協議会の委員長である

元町フランス料理店の老舗『霧笛楼』の今平氏や、

日本料理の老舗『濱新』の山菅氏などから、

『食遊会』に込める熱意を伺っており、

書を担当させて頂けることとなり、

至極光栄な想いでした。



いつもお世話になっている

アトリエ陽童の表装家の矢崎氏の

全面協力のもと、

場にふさわしい格調高い屏風にすべく、

あとひとふんばりデス!!


□□□


横浜開港150周年 リヨン・横浜姉妹都市提携50周年記念
横浜フランス月間2009参加事業

『食遊会 in 横浜三渓園』

【開催日】

2009年6月7日〜8日 9:00〜17:00

■2009年6月7日(日)12:30〜14:00/17:00〜18:30
食遊会スペシャルパーティー
〜横浜饗応の膳レセプション〜

■2009年6月8日(月)17:30〜20:30
横浜饗応の膳2009 〜ペリー饗応の膳から150年の創作膳〜

【開催場所】

横浜三渓園(横浜市中区本牧三之谷)

【主催】

横浜ガストロノミ協議会

【共催】

東京電力(株)

【後援】

横浜市・(財)横浜観光コンベンションビューロ

posted by ろゆふ at 22:33 | TrackBack(0) | 展覧會・イヴェント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119281870

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。