2009年04月03日

個展『花信風 cashinfu』れぽーと其ノ肆

今回の『花信風 cashinfu』を開催させて頂いた

山手のカフェギャラリー ZAIM CAFE ANNEX



もともとは大正13年に建てられた

普通の木造民家を

屋根だけを残して、外観、内装、柱に至るまで、

完全にリノベーションしたギャラリー。



090403_01.jpg



日本大通りにあるZAIM CAFEの姉妹店として、

オーナーで空間デザイナーでもある

植竹悦夫氏が徹底したこだわりで創り上げた

独創的、かつ幻想的でもある空間です。



090403_02.jpg



よく古民家に使われている梁を施しているのだけど、

いわゆる宮大工の方式ではなく、

意外性のある金具を施していたり、など、

随所に一般的概念を崩した感性が見られ、

見事に新しい「場」を産み出しています。



090403_03.jpg



照明などの小道具の選び方が

なんともお洒落なのはいうまでもないのですが、

ろゆふがこの空間に最初に伺った際に

真っ先にぶっ飛んでしまったのが、

エントランスをくぐり

振り向いたときに真っ先に目に入る

竹の模様が刻されている大きなガラス板(??)。



090330_01.jpg



他の空間だったら、

間違いなくアンバランスなオブジェとなると思うのですが

あの空間にはあって当たり前となっているのだから

凄い〜のです。



090403_04.jpg




んー、こんな凄い処を経験してしまうと、

もう普通の箱ギャラリーでは物足りなくなってしまう、、、

正直、想ってしまいます、ハイ(^^ゞ



090403_05.jpg



今回は本当にこの上ない機会に

恵まれました。

ZAIM CAFE ANNEXに乾杯♪

重ねて感謝(・人・)



090403_06.jpg

posted by ろゆふ at 22:40 | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。